【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】高さ/幅/厚みを徹底比較・重さの違い・インチサイズの違いまとめ! | yutalog

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】高さ/幅/厚みを徹底比較・重さの違い・インチサイズの違いまとめ!

iPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxのボディサイズ・インチ数はどっちが大きいのかなぁ??
今回はiPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxのボディサイズ(高さ・幅・厚み・重量)や、ディスプレイサイズの違い、解像度の違いについてまとめていきます。

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】画面・インチサイズの違いについて

iPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxのインチサイズは同じです。

インチサイズはiPhone 11 Pro MaxもiPhone XS Maxも6.46インチです。

画面のインチサイズは対角線の長さで決められており、iPhoneにおける画面の対角線の長さが6.46インチ、つまり約16.4センチメートルです。

この画面の大きさはニンテンドースイッチの画面サイズ(6.2インチ)よりもやや大きいサイズになっています。

この二つの機種はフルディスプレイの機種なので四隅が丸みを帯びています。

そのため、対角線の長さが6.46インチの長方形よりも表示領域はやや小さくなります。

画面が大きい事により片手操作の難しさはありますが、映画や動画を大きい画面で見たい人にはおすすめです!

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】解像度の違いについて

iPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxの解像度は同じです。

iPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxの解像度はどちらも2,688×1,242ピクセルです。しかし、ディスプレイの種類に違いがあります。

iPhone 11 Pro Max:「Super Retina XDR」
iPhone XS Max:「Super Retina HD」

「Super Retina XDR」は新しい有機ELディスプレイで、

・コントラスト
・輝度
・エネルギー効率

この3つの点で従来のディスプレイに比べて優れています。

解像度の数値としての差はありませんが、ディスプレイが進化している分、iPhone 11 Pro Maxの方が優れていると言えます。

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】高さの違いを比較

本体の高さは、iPhoneXsMaxよりもiPhone 11 Pro Maxの方が0.5mm大きいです。

iPhone 11 Pro Maxは158.0mm、iPhone XS Maxは157.5mmになっています。

ボールペンの先くらいの差なので、大差はないです。

一万円札の長辺が16cmになっているので、どちらもそれよりもやや小さいと思っていただければ想像しやすいかと思います。

どちらにおいても大きいサイズなので、浅いポケットに入れていると落下する可能性が高いと思われます。

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】幅の違いを比較

本体の幅は、iPhoneXsMaxよりもiPhone 11 Pro Maxの方が0.4mm大きいです。

iPhone 11 Pro Maxは77.8mm、iPhone XS Maxは77.4mmになっています。

ただ、幅についても差は0.4mmと大きな差はありません。

紙幣は縦の長さ、短辺が76mmなので、実際に手に持ってみるとイメージしやすいです。

どちらの機種もiPhoneシリーズでは大きい機種なので片手でのキーボード入力が難しく、手の小さい方は片手での操作は困難に感じられると思います。

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】厚みの違いについて

本体の幅は、iPhoneXsMaxよりもiPhone 11 Pro Maxの方が 0.4mm厚みがあります。

iPhone 11 Pro Maxは8.1mmでiPhone XS Maxは7.7mmです。

たった0.4mmの違いですので、厚みにおいても大きな差はありません。

iPhoneシリーズでは、iPhone6以降年々厚みが増しているので、現在使っているものよりもやや厚みがあると考えましょう。

【iPhone11ProMax vs iPhoneXSMax】重量の違いについて

本体の重さは、iPhoneXsMaxよりもiPhone 11 Pro Maxの方が18g重たいです。

iPhone 11 Pro Maxは226gでiPhone XS Maxは208gになっています。

iPhone 11 Pro Maxは全体的に少し大きくなった分、重量も増しました。

サイズや重量という点においてはこの重量の差が最も特徴的なポイントです。

その差は約20gで、Apple Pencilやいちご1粒分に相当します。

iPhone 11 Pro Maxは一般的な大きさの玉ねぎ1玉の重さなので、想像以上の重量がある事がわかります。

長時間手に持って操作するのを大変だと感じる方もいるかもしれません。

まとめ

iPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxのボディサイズ・インチ数・大きさの違いを紹介してきました!

ディスプレイのインチサイズや解像度には差はありませんでしたが、ディスプレイの品質が上がっているので、より鮮明な写真や映像を見たいという方はiPhone 11 Pro Maxがおすすめです!

サイズとしては大きな差はないですが、どちらの機種も共通してサイズの大きい機種になっていますので、片手操作の難しさにも繋がると考えられます。

縦横比については五千円札や一万円札ほどが非常に近いので、ぜひ試してみてください!

日常的な操作性に関わらず、大きな画面で映像を見たり、ゲームをしたいという方や画面が大きくて見やすいスマートフォンが良いという方にはこの2つの機種がおすすめです!