iPhone12のディスプレイはどうなる?解像度・インチサイズ・ppiをまとめてみた!

2020年秋発売予定のiPhone12ですが、ディスプレイの仕様の一部が判明したようです。

iPhone12ではディスプレイ性能が大きくパワーアップし、特にスタンダードモデルのiPhone12(5.4/6.1インチモデル)は解像度が大きくアップする噂です。

1機種だけ液晶ディスプレイモデルが残るという噂もありましたが、どうなのでしょうか?

iphone12は全機種有機ELディスプレイか??

Nikkei Asian Reviewによれば、iPhone 12の画面サイズは5.4インチ/6.1インチ/6.7インチ
の3つ、4モデル、なおかつ注目すべきはそれら全てが5G対応ということ。

そして全モデルで有機ELディスプレイが採用されるらしいです。

またアップルが有機ELディスプレイを全フラッグシップモデルに採用するのは初めてみたいですね。

iPhone12はリフレッシュレート120Mhzの可能性もあり

2020年モデルの新型iPhone 12 ProはProMotionディスプレイに対応し120Hzのリフレッシュレートになると見られていましたが、実現にはバッテリーが持ちこたえられるかどうかなど、いくつかの課題があります。

Ross Young氏は、iPhone 12 ProモデルでのProMotion採用はなく、実現は2021年モデルになると述べられています。

こちらはまだまだ確定はしていないようですが、技術的に可能でしたら対応することを期待したいですね。

iPhone12シリーズの解像度・ピクセル密度(ppi)とは??

ディスプレーアナリストのRoss Young氏がレポートとして発表したものをまとめてみました。

これによると噂通りスタンダードモデルの解像度とピクセル密度がiPhone11と比べ、ずいぶんとパワーアップしていますね。

iPhone 12 (5.4インチ) 解像度2,340×1,080p ピクセル密度(ppi) 475ppi
iPhone 12(6.1インチ) 解像度2,532×1,170p ピクセル密度(ppi) 460ppi
iPhone 12 Pro(6.1インチ) 解像度2,532×1,170p ピクセル密度(ppi) 460ppi
iPhone 12 ProMax(6.7インチ) 解像度2,778×1,284p ピクセル密度(ppi) 458ppi

iPhone12シリーズのインチサイズとは??

ネット上の噂を統合すると、iPhone 12の画面サイズは5.4インチ1台/6.1インチ2台/6.7インチ1台の3種類で、4モデルとなる予定です。

注目すべきは待望の小型モデル「5.4インチ」ですね。

これは片手で操作がしやすいため人気モデルになるかもしれませんよ。

■ジャパンディスプレイ(JDI)の今後は?
生産数が数千万台とも言われるiPhoneのディスプレイですので、液晶から有機ELに切り替えられるとなると、その影響は非常に大きいと予想できます。

なかでも経営再建中のJDIはアップルの液晶販売が収益の要ですので、大打撃だろうとされています。

まとめ

というわけで、iPhone12のディスプレイの噂について調べてみました。

結局1機種だけ液晶ディスプレイモデルが残るかもしれないという噂は検証ができませんでした。

ノッチレスになるのか、ディスプレイ上での指紋認証が出来るのか…、まだまだ不明な点が多いですが、

やはり全体にパワーアップするようで、本当に発売が待ち遠しいです。

Source:https://asia.nikkei.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です