最新情報、役に立ちそうな情報をまとめました。

Outlook-常に自分をBCCに自動設定する方法【Office365対応】

Outlookで、BCC欄を自動的に設定する方法を紹介します。

Outlookで、常に自分をBCC欄に自動設定しておきたいときに使う方法は「クイックアクセス」という機能を使用することになります。

あらかじめ、自分がBCCに入った状態のメール作成ボックスを設定で記憶させておき、指定したショートカットキーで呼び起こして使用する方法です。

設定方法など、詳細を下記に記載いたしますので、ご活用ください。

※BCCとは、ブラインドカーボンコピーの事で、to(主の宛先)やCC(副の宛先)の方の受信ボックスからは見えないように、BCCに入力したアドレス向けに送ることができる仕組みです。
 
おもに、ビジネスの現場で、自分が送信したメールを、自分でもチェックしたい場合などに広く用いられています。

実際に、Outlook2016のBCC設定の操作手順を解説していきます。

常に自分をBCCに自動設定する方法

Outlookのホームタブから新規作成
Outlookのメイン画面の上部のホームタブを選択したら、画面上の位置にある「新規作成」をクリックします。
Outlookメニューから新しいクイック操作を選択

「新しいクイック操作」をクリックします。

メッセージの作成をクリックします

プルダウンメニューの中からメッセージの作成をクリックします。

Outlookメニューオプションの表示

オプションの表示をクリックします。

BCCの追加欄に自分のアドレスを入力

BCCの追加をクリックします。

BCCとして割り当てる自分のアドレスを登録

BCCの入力欄がありますので、常にBCCとして割り当てる自分のアドレスを入力します。

ショートカットに割り当ててBCC設定は完了

最後に、ショートカットキーの割り当てをおこなうことで、そのショートカットキーを押すだけで、自分がBCCに設定された状態のメールウィンドウを立ち上げられます。

ショートカットキーの設定が完了したら、「完了」ボタンを押して終了になります。

設定後、BCCにMyアドレスが入っているか動作確認

最後に、設定したショートカットキーを同時に押して、設定がうまくいっているか確認してみてください。

うまくいっていれば、最初からBCC欄に指定したアドレスの入ったメールボックスが起動するはずです。

※もし、うまくいかない場合は再設定です。そんなに複雑な作業ではないので、必ず成功できます。

また、クイックアクセスで設定した数字キーは、パソコンによって細かい違いがあるようなので、色々試しつつをチェックしてみてください。

以上、「Outlook-常に自分をBCCに自動設定する方法」でした。