【SEO対策】MOZのスパムスコアが高い時の対処法・サーチコンソールで低品質スパムリンクは否認しよう。




まとめ

Google Chromeの拡張機能である、MOZのヘッダーバーの表示画面で、運営サイトのスパムスコアが高かったので、原因を分析してみました。

あまり更新していないサイトではありましたが、スパム判定される要素はありませんでしたので、原因を分析してみたところ、低品質サイトからスパムリンクを受けていたことが一因にあったようです。

MOZのヘッダーバーのスパム数値に関しては、様々なことの総合点として数値化されているようで、スパムリンクだけが原因だとは言い切れませんが、低品質サイトからうけているリンクを否認することにしました。




低品質サイトからのリンクを遮断・ノーカウントする。

まずは、低品質リンクのサイトの正体をつきとめます。低品質リンクは、MOZのヘッダーバーの数字をクリックすることで表示させる事ができます。
MOZのヘッダーバーの数字をクリックすることで表示させる事ができます。

数字をクリックすると、下記の画面のようなリンク頒布図と、リンクしているURLを確認することができます。

低品質スパムリンクの頒布図が確認できます

同じページ下の部分で、リンクしてきている低品質リンクのURLをメモ帳に書き出します。書き出したメモ帳は、spamlink.txtなど好きなファイル名をつけてデスクトップに保管しましょう。

サーチコンソールにリンク否認の登録をする

スパムリンクを書き出した、テキストファイルをサーチコンソールのリンク否認のページにアップロードします。

リンク否認へのページはここからアクセスできます。https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

自分で調整できる低品質リンクは自力削除

今回記事にしている方法は、まったく自分が関わってないサイトからのバックリンクを調整する方法です。この方法を行うことにより、Googleからのサイト評価の中に低品質サイトからのリンクが加味されなくなります。

なお、Googleの低品質リンクへの考え方はなるべくサイトに影響を与えないようにしていると表記しています。しかし、スパムスコアが高いサイトからのリンクは極力なくしておくべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました