最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

WWDC2019では新型iPhoneの発表なし!ポイントを要約してみた結果、興味薄め。

WWDC2019が開催されたが、新型iPhoneの発表などもなく、正直なところ、特に興味を持てる点があまりなかったように思う。

それもそのはず、WWDC(世界開発者会議)というイベントは、開発者向けの発表なのだから、一般ユーザー向けの新商品発表会ではないのだ。

しかし、過去にはWWDCにおいて新商品が発表された事例もあったので、ほのかに期待していたのだが、、。正直なところ、あまり興味はわかないが、iPhone・iPadなどを頻繁にとりあげているブログなので、とりあえず軽く触れておきたいと思う。

新型Mac Proの発表

世の中が一番盛り上がっていたのは、新型MacProが発表されたという点だ。

いわゆる、モンスターPCというもので、超高性能が売りだ。

個人的に興味深いと思ったのはメモリ1.5TBという点だ。ちなみに、強調しておきたいのは保存用のストレージメモリが1.5TBというわけではなく、処理メモリが1.5TBということだ。

処理メモリはiPhoneだと平均4GB程度。それが、今回のMacProでは1.5TBもあるという。

1.5TBは、単純計算して1536GBの処理メモリを搭載している。つまり、平均的なiPhoneと比較すると384倍のメモリが積まれている超高性能パソコンだ。

一般家庭や企業で使われている、平均的なパソコンであれば、4GB~64GBにおさまるパソコンがほとんどなのだから、とてつもないメモリ数だ。

結局、1.5TBのメモリがあればなにができるのかが重要なポイントなのだが、4K動画を4本同時に編集できるらしい。

個人的には、1本の4K動画すら編集しないので、4本同時に編集できるということをセールスポイントにされてもピンとこない。

さらに戸惑うべきはその値段だ。5999ドルを1ドル120円として日本円に換算すると719,800円だ。

そして、最大の消費電力も1400Wらしい。もはや、商品電力は電子レンジのレベルである。

大成功している人気Youtuberが、“Mac Pro買ってみた”という動画をだすことを楽しみにしたいと思う。

iPadとiPhoneのOSも分岐、「ノートパソコン」市場が変わる。

さて、話はかわるが今後のAppleという会社の販売戦略を具体的に示すものとしては、iPhoneとiPadのOSの分岐というのが非常に興味深かったように思う。

OSというのは、基本ソフトのことで、基本的な動作を司っているものだ。パソコンにならWindows、MacならMacOSと言った具合に、必ず基本ソフトが入っている。

iPhoneとiPadのOSが分岐すると聞いて「やっぱりか」というのが正直な感想だ。そもそも、iPhoneとiPadのOSが同じだという事にずっと違和感を感じていた。

コンパクトなディスプレイのiPhoneと、大型ディスプレイのiPadでは、購入用途は違って当然なのだから、OSも違ってしかるべきであろう。

OSが分岐されてより大画面に特化した使い方になることを期待している。よりスムーズに複数の作業をこなすマルチタスキング、外部USBメモリの接続可能になり、そしてマウスが使えるようになるというのだ。

加えてアップルペンシル・スマートキーボードがあれば、ノートパソコンはiPadに置き換わってしまうのではないかと思う。

これまで、iPadはあくまでタッチ用デバイスとしてのiOSを搭載していたのだが、iPad OSになるとタッチ用デバイスではなく、パソコンと同じく細かな作業ができるOSへと進化を遂げていくはずだ。

iPhoneとiPadのOSを分けるということは、今後のノートパソコン自体の在り方が問われる分岐点となりえるかもしれない。

iTunesも廃止(機能分離)へ

今回のWWDCでは、iTunesの機能分離も発表されたようだ。どうやら、「ミュージック」、「TV」、「ポッドキャスト」といったサービスごとに分けて展開されるようだ。

個人的な意見であるが、iTunesは起動するたびに頻繁にアップデートがかかったり、デザインがシンプルすぎてどこに何があるかわからないなど、使い勝手があまりよくなかったので、これを機に使いやすいサービスに生まれ変わってほしいと思っている。

まとめ

世の中の流れを組んで細分化へ。というのがメインテーマだったと言えるだろう。

iOS13のダークモード、AR、アップルウォッチなどについての発表もあったらしいが、正直書くほどのこともないと思ったのでここではあえて取り上げないことにする。

iPhoneとiPadのOSの分離、iTunesの機能の分離、などより細かく世の中の需要にあわせて、進化を遂げていくというAppleの方向性がわかったのが唯一の収穫だった。

Img src:https://www.apple.com/apple-events/