最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【遂に】iPhone7がワイモバイル・UQなど格安でも発売!スペック面・性能面・カメラ機能│最新版との違いを比較。

ワイモバイル・UQなどの格安メーカーから、遂にiPhone7の取り扱い開始情報がでてきました。

ワイモバイルのプレスリリースによると、iPhone7の取り扱い開始日は2018年12月20日。ストレージ容量は、32GB/128GBの二種類で、カラーはブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4色展開です。

一括払いでの価格は、32GBは73,316円(税込・以下同じ)、128GBは86,076円です。

この値段だけ見ると、Appleの公式ストアで購入したほうが、安いように思えますが、ワイモバイルで端末購入した場合は、月々の割引が入りますので、実質負担金として32GBは33,696円、128GBは46,656円となります。(機種変更・SBからの番号以降は、12,960円増し)。

月々の通信料金からの割引まで加味すると、ワイモバイルで購入したほうがお得になります。

iPhone7とは、目玉機能を振り返り。

2016年に発売されたiPhone7ですが、当時もっとも注目された新機能は、「防水機能」です。今となっては、当たり前になったiPhoneの防水機能ですが、はじめて防水がついたのはiPhone7からです。

iPhone7が発売される前は、Android端末のテレビCMなどで、iPhoneとの優位性を示すためにわざと水をかけてから使用しAndroidなら水に強いよ!といったようなCMが流されていたのも記憶に新しいです。

なお、防水機能を実装するための本体の気密性を高めるだと思いますが、iPhone7からはホームボタンが疑似ボタンに変わっています。ホームボタンを押しても凹まないのはiPhone7以降です。

また、スピーカーがステレオになり音量・音質がよくなったのも、世間がざわつかせたイヤホンジャックが廃止されたのもiPhone7からです。

見た目や本体サイズや大きさは、iPhone6s、iPhone8と大体同じため、iPhone7は古いと思われない。

iPhone7をこれから買ったとしても、すぐにiPhone7だと気づける人は少ないでしょう。

なぜならば、iPhone6、iPhone6s、iPhone8と同じデザインだからです。ケースをつけるユーザーも多く、本体のフロント面だけでは、どの世代かをハッキリ見分けるのは至難の業です。

背面に関しては、iPhone8のみワイヤレス充電(置くだけで充電ができる)機能を搭載し、背面がガラス仕様となっている為、見分けることはできますが、iPhone8以外は背面もおおよそ同様のデザインのため、ケースなしでも見分けるのは困難です。

iPhone7のメインカメラは光学式手ブレ補正つきの1200万画素、動く写真LivePhotosも利用可能。

iPhone7は、1200万画素の光学式手ブレ補正つきのカメラです。

画素数が大きいほど写真が綺麗だという間違った声が多くありますが、iPhoneの場合は2018年モデルのiPhoneXs/XsMaxでも1200万画素のままです。

Appleにとって画素数をあげることは簡単なのでしょうが、あえて1200万画素を維持しています。これは、写真を綺麗に見せるには、画素数の高さだけではないという事を伝えています。

また、むやみに画素数をあげてしまうと、保存のために本体容量も使用してしまうので、iPhoneにとって最高の選択肢が1200万画素ということでしょう。確かに、2000万画素以上のスマートフォンで撮影した写真と比較しても、iPhoneの写真のほうが綺麗な場合は結構あります。

また、紙などに印刷せずスマートフォンのディスプレイで見る人がほとんどだと思うので、iPhone7の光学式手ブレ補正付きの1200万画素というのは、かなり理想的なカメラセットと言えるでしょう。

静止画だけでなく、動画撮影、4K動画の撮影、タイムラプス撮影、スロー撮影できますので、iPhone7のカメラ機能はかなり充実しています。FaceTimeHDカメラ(インカメラ)も700万画素ありますので、テレビ電話なども快適にすることができます。

iPhone7にないもの。

防水機能がついて、カメラ性能もかなりいいと書いてきましたが、それではiPhone7には最新式のiPhoneと比較してどの機能がないのでしょうか。

iPhone7にないもの FaceID

iPhone7の認証方式は、TouchID(指紋認証)です。iPhoneのインカメラに顔を向けてロック解除を行うFaceIDは搭載されていません。

iPhone7にないもの2 デュアルカメラ(望遠レンズ)

iPhoneのハイエンド機種XS/XS MAXなどでは、カメラレンズが二つ搭載されているものもあります。二つ目のレンズは、「望遠レンズ」といって、遠方の被写体を撮影する際やズームなどで強さを発揮します。

また、二つのレンズ機能を組み合わせて使用することで奥行きをボカしたポートレートモードという機能を使う事もができますが、iPhone7はシングルレンズの為、ポートレートモードは使用することができません。