さくらサーバー「Service Temporarily Unavailable」のエラー即時解消方法

運営しているホームページを閲覧しようとしたところ、長い英文のエラーが、全文は下記の通りです。

エラーの表示のあとは、F5ボタンを連打しても、時間をあけてみても、一切の閲覧ができなくなりました。

今回はこの即時解消方法について書いていきます。

Service Temporarily Unavailable エラー解消方法!

Service Temporarily Unavailable.
The server is temporarily unable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.

まずは、メッセージの和訳は以下の通りです。

サービスは一時的に利用できません。
メンテナンスのダウンタイムまたは容量の問題により、サーバーは一時的にリクエストを処理できません。後でもう一度やり直してください。

つまり、サーバー側が正しくデータを送信できなくなっている状態を意味しています。

なお、メッセージには「利用できない!」という事実のみが書いてあり、原因や対処方法については言及していません。(原因とかも書いてほしい・・・)

エラーメッセージの原因とは?

結論から言うと、私の今回のケースは転送量超過が原因だったようです。

原因となる行動ですが、サイトのお引越しのため、前日にサイトデータを丸ごとダウンロードしていました。

おもに、趣味で撮影した風景などの高画質写真が多くあったため、転送量は3GBを越えていました。結果的に転送量超過とみなされたようでした。

同一アカウントで管理サイトも閲覧不可!

今回、驚いたのは、エラーが発生して見られなくなるのは、同一IDで管理している全てのサイトという点です。

さくらサーバーのスタンダードコースを利用して複数のホームページを運営していましたので、全てのホームページがエラーで閲覧不可となっていました。

サイトが違えど、契約者が同じなので同じ転送量の括りという理由のようです。

長い事、さまざまなサーバーを使用してサイト運営をやっていますが、このようなエラーは初めてです。さくらサーバーって制限かかりやすいのかしら??

今回は初めてのエラーだった為、要領がわからず全然繋がらないサーバー会社に電話(30分待ったが結局つながらず諦めた・・・)、メールをしたりしました。

しかし、全く返答はなく、ぐぐりまくった結果、コントロールパネルから即時解決できる方法があったので、紹介いたします。

サーバーの公式サイトを確認しましょう!

Service Temporarily Unavailable
The server is temporarily unable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.

503 Service Temporarily Unavailable

一時的にウェブアクセスが集中している、CGIプログラムが誤作動を起こしている、アクセス転送量が多い場合などに表示されるエラーです。

以下についてご確認ください。

  • 時間を置いて接続する、アクセスが少ないと思われる時間に接続する
  • SSH接続が可能な場合は、設置しているCGIプログラムについて、動作不良プロセスがあるかどうか確認する
  • 転送量の多いコンテンツ ( 音声ファイルや動画など )を見直す

さくらサーバー公式ページhttps://help.sakura.ad.jp/

転送量の目安についても公式ページで以下のような記述がありました。

9.1. 転送量(目安)

プランごとに想定されている転送量の目安です。

※ お試し期間中はプランに関わらず、目安より低い値で転送量が制限されております。

※ コンテンツダウンロード中にブラウザ側から中断を行った場合は、すべて転送したものとして扱われます。

目安値を大きく上回る、または短時間に転送量が大きく増加した場合、「503 Service Temporarily Unavailable」等のエラーが表示されます。
エラーの詳細はこちらをご確認ください。

  1. ライト 40GB/日
  2. スタンダード 80GB/日
  3. プレミアム 120GB/日
  4. ビジネス 160GB/日
  5. ビジネスプロ 200GB/日
さくらサーバー公式ページhttps://help.sakura.ad.jp/

私の場合はスタンダードを利用していたので、1日80GBがひとつの目安のようです。

80GBも転送していないんだけどなぁ。。

さくらの503エラー「Service Temporarily Unavailable」の解決策は電話かメール?

Service Temporarily Unavailableは、上記のとおり急激に転送量がUPしたり、規定を越える転送量があった際に、サーバーダウンを防止するエラーのようです。

さくらサーバーの公式ヘルプを見るとメール問合せか電話0120-775-664をしてくれと書いてありました。ただ注意書きには、大変混雑し繋がりにくくなっております。の文言が表示されていました。

実際に電話をかけてみましたが、15分待てど、30分待てど、全く繋がりません。こちらは、クライアント様のホームページデータの閲覧にさえ支障が出ているので、必死なわけです。

今度はメールを送信してみました。しかし、回答までには、2営業日~3営業日かかります。との表示があり「待ってらんないよ!」状態です。

ホームページ閲覧不可になり、営業活動に支障が出た場合は、こちらに責任が回ってきてしまいます。

調査の結果、「Service Temporarily Unavailable」エラーを即時に解決する方法が見つかった。

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/
こちらから、ログインします。

ログイン画面左側のパネルのリソース情報をクリックします。

画面下部、リソースブーストの[ 有効にする ]をクリックします。しばらくするとリソースブーストがONになり、上限値が緩和されサイトが即時閲覧できるようになりました。

リソースブーストという機能があるのであれば、電話やメールとかいう前に一番に書いて欲しかったような気がします。

なお、リソースブーストには有効期間があります。

リソースブーストの有効期間

リソースブーストは、有効にしてから2日後の24時まで有効です。

確認画面で有効日時をお確かめの上、ご利用ください。
また、この機能は1度使用すると、次に使用できるようになるのは14日後になります。

さくらサーバー公式ページhttps://help.sakura.ad.jp/

なお、こちらの機能は期限付きのブースト機能のようです。日常的にサイトのエラーが続くようであれば、転送量に余裕のある上位プランかサーバー移行も視野にいれてもいいかもしれません。

Service Temporarily Unavailable.がないサーバー

もし、頻繁にエラーがでて困っている場合は、下記のサーバーがおすすめです。

さくらサーバーとそんなに価格が変わらないのにコスパ抜群です。

私自身、移行してからエラーがでなくなりました。

 

まとめ

コントロールパネルのボタンひとつで解決するなら、最初から制限をかけないでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA