最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

2019年新型iPhoneは3モデル発売、○○○が一個ずつ増える模様

中国サプライヤーの情報として2019年に発表されるiPhoneも3モデルになる模様だと報じています。

サプライヤーとは、原料供給元という意味で、例年通りであれば今年の秋頃に発売される予定のiPhone11(仮称)ですので、逆算すると製造業者などにある程度の情報を掴まれていても不思議ではありません。

インチ数は2018年度の3モデルを踏襲

2018年度はiPhoneXS/iPhoneXR/iPhoneXsMAXでしたが、同じく5.8インチoLED、6.1インチLCD、6.5インチoLEDとなるようです。

なお、oLED=有機ELパネル、LCD=液晶パネルとなっています。なお、6.1インチのLCDパネルはiPhoneXRの販売不振により在庫が余っているとされており、iPhoneでは最後に発売されるLCD搭載機種となりそうです。

4.7インチのiPhoneを使用しているユーザーにとっては、2019年度の最新iPhoneはどの機種を選択しても画面サイズは大幅にアップすることになります。

各モデルでレンズが一個ずつ増える模様

また、カメラレンズはiPhoneXRは1つ、iPhoneXSとiPhoneXsMAXは2つでしたが、2019年度のラインアップでは1つずつ追加されそうです。

iPhoneXRの後継機はレンズが2つ、iPhoneXSとiPhoneXsMAXの後継機はレンズが3つになるとされています。

レンズが2つの機種は「広角レンズ+望遠レンズ」の組合わせで確定だと思われます。レンズが3つの新しいiPhoneは「広角レンズ+望遠レンズ+3Dレンズ」と噂されています。

3Dレンズは、AR・VR(仮想現実・拡張現実)の表現性/利便性をたかめるとともに、従来以上にフォーカススピードを早める効果も期待できそうです。

9to5macでも、次期iPhoneとされるiPhone11の画像を公開しています。おおよそ、macお宝鑑定団の情報とも一致しています。

新たな特徴としては、ミュートボタンが円形になりスライド方向が縦スライドに変わったこと、トリプルレンズに変わったこと、背面が一枚のガラス仕上げになったことなどが挙げられます。

なお、iPhoneXS/iPhoneXsMAXの後継機としてトリプルレンズの画像はありますが、デュアルレンズとなりそうなiPhoneXRの画像はまだ公開されていません。

引用:https://9to5mac.com/2019/04/26/iphone-11-max-compared/