【WordPress】amazon PA-API v5にカンタンに移行する手順(Rinker設定を更新する方法)

Amazonアソシエイトのトップ画面にアクセスすると、Amazon Product Advertising API version 5.0 (PA-API 5.0)へのアップグレードをお済ませくださいという注意喚起がされていました。

早速、移行方法・手順についてまとめていきたいと思います。

そもそも「amazon PA-API v5」とは

Amazon PA-APIとは、ウェブサイトにAmazonの情報を引き出すためのプログラムのことです。

例えば、商品の写真を表示したり、価格を表示したりできるのも、amazon PA-APIのおかげです。

もし、このアップグレードをスルーしてしまうと、サイトにはamazonが管理している商品情報を表示できなくなってしまいます。

このウェブページでも、amazon APIを活用して商品情報や価格を表示しているページがありますので、早速amazon PA-API v5への移行作業を進めていきたいと思います。

利用中のバージョンの確認方法

ちなみに、旧バージョンのままのAmazon PA-API 4.0をご利用中の場合には、すでに商品検索ができないという影響がでているはずです。

移行する必要があるかどうかは、実際にRinkerなどでamazon商品情報を読み込んでみましょう

実際に下記が旧バージョンでのRinkerでamazon情報を読み込んだ画面です。

旧バージョンだとエラーがでて情報が取得できません。

記事執筆時にRinkerなどで商品情報を読み込んでみましょう。

【エラー】このアクセスキーは、Product Advertising APIにアクセスするために有効になっていません。AWS認証情報を利用している場合はProduct Advertising APIで取得し直してください。AccessDeniedAwsUsers

もし、同じ様にエラーが出て情報を取得できなかった場合は新バージョンに移行する必要があります。

早速、以下の手順で移行をおこなっていきましょう。

amazon PA-API v5に移行する手順

amazon PA-API v5に移行する手順

amazonアソシエイトのメニューバーにある「ツール」項目を選択後、「Product Advertising API」を選択します。

「新しい認証キーを取得する」という項目クリックします。

「新しい認証キーの管理」という見出しの中にある、「新しい認証キーを取得する」という項目クリックします。

{続行}を押します」というポップアップが表示されますので、続けるをクリックします。

「既存の認証情報はPA APIv4で引き続き機能します。確認して続行するには、{続行}を押します」というポップアップが表示されますので、続けるをクリックします。

とても重要な「アクセスキー」と「シークレットキー」が表示されます。

とても重要な「アクセスキー」と「シークレットキー」が表示されます。

特に、シークレットキーは間違えて消してしまうと二度とこのページでは取得できなくなります。

万が一に備えて「認証情報をダウンロードする」をクリックして、パソコンにダウンロードしておきます。

現在amazonの情報を表示しているタブは、すべての設定が終わるまで決して閉じないようにしましょう。

パソコンへダウンロードし終わったら、アクセスキーとシークレットキーを必要な位置にコピーペーストしていきます。

現在amazonの情報を表示しているタブは、すべての設定が終わるまで決して閉じないようにしましょう。

この後の流れは、WordPressのサイトにログインしてアクセスキーとシークレットキーを貼り付ける作業です。

WordPressのダッシュボードを開きましょう

次の作業は、amazonの情報を表示しているタブはそのまま維持しつつ、必ず新しいタブを立ち上げてから、自分のサイトへアクセスしましょう。

Amazon APIを使用したいWordPressサイトのダッシュボードを開きます。

ここからは、新しいタブで表示している画面です。

Amazon APIを使用したいWordPressサイトのダッシュボードを開きます。

左メニューバーにある「設定」→「Rinker設定」と進みます。

項目の中には「アクセスキーID」「シークレットキー」という2つの入力欄があります。

Rinker設定の項目の中に、Amazonという項目があります。

項目の中には「アクセスキーID」「シークレットキー」という2つの入力欄があります。

ここの2つの入力欄には、別のタブで表示しているAmazonのサイトで表示されている「アクセスキー」「シークレットキー」を入力します。

保存をクリックします。

入力が完了したら画面の下部にある変更を保存をクリックします。

設定を更新しましたというメッセージが表示されたら作業完了です。

設定を更新しましたというメッセージが表示されたら作業完了です。

最後に、Rinkerを使って商品情報を呼び出して動作確認をしましょう。

しっかり情報が表示されれば作業完了です。

PA-API5への設定が成功しているかの確認方法(翌日以降)

移行作業が完了したら、Amazon商品へのリンクを貼り付けているページにアクセスして一度だけ自分でクリックしてみましょう。

そして、翌日にAmazonアソシエイトのページにアクセスします。

Amazonアソシエイトのトップページに表示されているメニューバーの中にある「レポート」をクリックします。

PA-API5と表示されていれば成功です

画面下部にあるリンクタイプレポートという箇所をクリックして、リンクタイプがPA-API5と表示されていれば成功です。


もし、PA-APIと表示されている場合は、移行作業をもう一度やり直しましょう。

もし、PA-APIと表示されている場合は、移行作業をもう一度やり直しましょう。

まとめ

思ったよりカンタンに移行できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA