最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【実録】「Googleメンバーシップリワード」の当選詐欺の一部始終、適切な対処法など

インターネットでスポーツの試合結果を閲覧していたのですが、突然画面が切り替わりGoogleのキャンペーン画面が表示され、「当選おめでとうございます!」と表示されました。

Googleメンバーシップリワードという内容で、「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!(1)件のGoogleギフトが当選しました!」と書いてあります。特別なことは何もしていないのに、突然当選と言われても戸惑いしかありません。

そして、私は直感しました!!「これは詐欺である」と。

そこで、最終的にどういった手口で詐欺ってくれるのか興味があったので、あえてこのメンバーシップリワードを受けて立つことにしたのです。

普段は、そっとブラウザを閉じるのですが、今回は時間に余裕があったのでせっかくの機会を楽しむことにしました。

このブログでは、そのメンバーシップリワードの一部始終をご報告させて頂きます。

【要注意】突然表示される、Googleメンバーシップリワード当選の画面

ネットを見ていたら突然ギフトが当選しました。
【要注意】突然表示される、Googleメンバーシップリワード当選の画面

毎週 木曜日水曜日 幸運な10名のユーザーが1日に一度無作為に選ばれ、スポンサーからのギフトが進呈されます。これは当社製品やサービスに対するご愛顧への感謝の印です。

Movie Card Streaming, iPad Air 2, Samsung Galaxy S6 の中からお選びください。

賞品を受け取るには次の3つの質問にお答えください。

注意: 10名の無作為に選出されたユーザーがこの招待状を受け取っており、賞品は限られた数のみとなっております。

他の幸運なユーザーに賞品を受け取る権利が移行するまで 1 分 12 秒 です!幸運をお祈りします!

画面に表示された画面は下記の通りです。

突然「おめでとうございます!」が表示され、画面には3択クイズが表示されています。

詐欺・Googleメンバーシップリワードのクイズは下記の3問です。

質問1/ 3: Googleの創立者は?
Bill Gates Mark
Zuckerberg
Larry Page

質問2/ 3: Googleの本拠地はどこ?
USA
England
Russland

質問3/ 3: Googleが創立された年は?
1998
2012
2014

比較的簡単なクイズですので、簡単に正解できると思います。

画面には赤字でカウントダウンタイマーが表示されており、ユーザーを焦らせて、冷静な判断力を奪っていきます。ちなみに、笑える話ですが、このカウントダウンタイマーはページをリロードすると時間が戻ります。

なお、上記の3問3択でクイズ形式になっています。回答をクリックしていくと、最後に正誤の判定がでます。ちなみに、クイズをわざと間違えても必ず「全問正解」になります。

また、実際に当選した(?)と思われる人たちの口コミも掲載されています。

Movie Card Streaming, iPad Air 2, Samsung Galaxy S6 の中からお選びください。

本当に当選したのか、勝手に顔写真を使われているのかは不明ですが、どうやら喜んでいるようです。当選年月日も見ても、「9月255月」とありえない年月日が記載されています。

ちょっと、怪しすぎます・・・。

クイズを終えると自動的に「全問正解」となり強制的に当選、iPad Air2は品切れだった。

クイズを終えると自動的に全問正解になり強制的に当選、iPad Air2は品切れ

3問クイズをクリックすると、どのような選択をしてもかならず全問正解になり、景品選択の画面に移動します。

ちなみに、クイズに応えずに画面を放置すると、そのままの状態で画面が停止します。上述の通り、リロードボタンを押すとカウントダウンタイマーが復活しますので、回答に時間が欲しい方はリロードしてみてください。

景品は4択となっています。

(絶対もらえませんが)もし、本当にプレゼントしてもらえるならiPad Air2が良かったです、今回は残念ながら品切れのようでした。

本当はいらないのですが検証のため、唯一残っている”よくわからない景品を選択して”、どうなるかを追っていきました。

Googleメンバーシップリワードは、個人情報を取得するフィッシング詐欺だった!

なぜGoogleメンバーシップリワードが表示されたのか、原因が理解できた!

私は、この当選詐欺の最終目的がなんなのかが知りたかったので、商品選択の画面をあえてクリック。最後に、どの画面ににたどり着くのか試してみました。結果、画像のようなサイト登録の画面にたどり着きました。

この、サイトを制作した人の最終目的はこのサイトにユーザー登録させることでしょう。

つまり、当選商法によりサイトユーザー数を増やしていくという手法なのだと思います。

なぜ、Googleメンバーシップリワードは表示されるのか?どいういう仕組みか?

なぜ、Googleメンバーシップリワードは表示されるのか?どいういう仕組みか?
サイト上のロゴ。良く見るとGoogleではない。

良く見ると、表示されているロゴもちょっと変です。

余談ですが、私が見ていたのはスポーツ系のニュースサイトでした。

特に、なにかをクリックした訳ではありませんでしたので、自動的に表示される仕組みだと思います。

サイトを見ている人に簡単にクイズに当たるだけで、勝手にiPad Air2を配っていたらきりがありませんよね。

ちなみに、記事中では何度もGoogleという名称をだしていますが、Googleに問い合わせてみたところ該当のキャンペーンは一切行っていないという回答が得られました。

Googleメンバーシップリワードの適切に対処する方法(画面を消す方法)

Googleメンバーシップリワードが画面に表示されてしまった場合の対策は、ブラウザを消す「x(バツ)」ボタンですべて消すことができます。

また、今回は詳細を確認する為にに、景品ページに複数回に渡ってアクセスしましたが、ウィルス感染などは一切確認できませんでした。

ウィルス対策ソフトも、まったく反応していないことからWebページ自体にはウィルスは仕込まれていないようです。

Google リワード対策ページの詐欺には注意

Googleメンバーシップリワードは、画面を閉じるだけで特別な対応策は必要ありません。

しかし、Googleメンバーシップリワードが表示されて困った人が検索をかけたページには、「Googleメンバーシップリワードで困っている人はこれをインストール」というようなサイトも見受けられました。

これは、Googleメンバーシップリワードが表示されて、混乱している事につけこんで、新たなウィルスをインストールさせようとする悪質な手口です。

強調しておきますが、今回のケースにおいては、削除の為のソフトウェアインストールなどは一切不要です。

今回のGoogleメンバーシップリワード商法においては、ブラウザの×バツボタンを押すだけで表示されなくなりますので、余計なソフトなどはインストールせず、冷静に対応していきましょう。

個人情報などを入力させるフィッシングの手口だね。
急にプレゼントと言われると嬉しくなって入力しちゃうかもしれない!

クレジットカード情報などを入れてしまった場合は、不正な利用がないかなど経過に注意してくださいね。