iPhoneでの電話を録音する方法とは 【有料の通話録音アプリは要注意!】

iPhone電話を録音する方法を探している方向けに最新情報をまとめました。

事前にネット情報をリサーチした結果、通話は簡単に録音できるというページもありましたが、iOSのバージョンなどが最新版になるほど、電話の録音に対するガードがさらに高くなっていて、使えないテクニックも多くありました。

また、有料の通話録音アプリも多くの媒体で紹介されています。しかし、実際にダウンロードしてみると通話録音アプリには、大きなリスクがあることがわかりました。

よく、こんな変な有料アプリをおすすめできているなという印象です。

実際に、iPhoneのテスト機を使って様々な状況下でテストしましたのでレポート報告もかねて、詳しくまとめていきます。

この記事の概要

・iPhoneで通話録音をする方法を探している
・iPhoneでの電話録音アプリの購入を検討している
・iPhoneでの通話を録音して残しておく安全な方法を知りたい

iPhoneの通話録音は難しい

あらゆる手を試してみましたが、iPhoneでは、最初からついている機能(ボイスメモ・画面収録)を使って、通話を録音をすることはできませんでした。

おそらく、Apple本社があるアメリカでは、通話録音が禁止されているということが理由だと思われますが、かなり通話録音に対するガードが堅い印象をうけました。

通話中に「ボイスメモ」で電話録音してみた

今回記事を執筆するにあたって、iPhoneの通話中にボイスメモを起動して、録音ボタンを押してみました。

結果、「録音できません(ボイスメモを録音するには、通話を終了してください)」というエラーメッセージが表示されました。

また、ボイスメモを起動したまま通話を発信してみましたが、通話開始と同時にボイスメモが終了するという挙動でした。

従って、iPhoneの通話録音はボイスメモは使えません。

通話中に「画面収録」で電話録音してみた

iPhoneには、画面自体を録画できる機能がついています。

画面収録機能を通話中に起動して録音(録画)してみましたが、こちらも音声は一切入っていませんでした。また、画面収録機能が何度も自動で中断されてしまいました。

iPhoneの純正機能としては、画面収録機能かボイスメモのみですが、いずれも通話を録音することが出来ませんでした。

LINE通話中に「ボイスメモ」「画面収録」で電話録音してみた

LINEでも通話録音してみました。

結果、通常の通話と同様に「ボイスメモ」「画面収録」のどちらでも正しく録音することはできませんでした。

なお、ビデオ通話に限ってですが、「画面収録」を活用して音声のない画面だけは録音ができました。

ただ、画面収録ボタンを押したときの録画開始音は相手にもしっかり聞こえます。

以上のことから、LINE通話も、通常の通話も録音はできないことがわかりました。

iPhoneでの通話録音アプリには要注意!!

お金を払ってでも通話録音をしたい場合は、AppStoreで通話録音アプリがあります。

ただし、どの有料アプリも絶対におすすめしません。すべて海外製アプリで日本人向けではありません。

どのアプリもAppStoreのみ日本語になっていますが、使用を開始すると全て英語です。

また、具体的な被害例ですが、3日間無料と書いてあっても即課金される、知らない間にアプリが自動で通話していて超高額請求がくるなどの報告があがっています。

また、解約ボタンがないソフトも多めです。

異議申し立ての申請をするにも相手は日本語が使えません。

ネットの翻訳ソフトを通して内容を送ってくるのでうまく会話がかみ合わず、結果、多大な労力をかけて解約する必要があります。

評価の高い通話録音アプリのレビューをしっかり読むと

iPhoneの通話録音アプリの中には、かなりの高評価の録音アプリも存在します。

ただ、その際は必ずレビューの内容を読んでみることをおすすめします。

しっかり読むとわかりますが、iPhoneの通話録音アプリを高評価レビューしている人は、ほとんど日本語の使い方が変なサクラレビューです。

なお、通話録音アプリのレビューページは、サクラレビューの低評価も存在します。

理由はシンプルで、海外の日本人を鴨りにきている制作アプリ会社同士が足の引っ張り合いをしている結果だと思います。

読めば大体わかりますので、もしダウンロードしたい場合はしっかりとしたリサーチをすることがおすすめです。

通話録音アプリは、AppStoreで高評価されているからと言って、カンタンに信頼してはいけません。

有料課金の通話録音アプリが危ない理由

iPhoneでの電話録音アプリをダウンロードして利用する前に英語の利用規約にチェックをいれなければいけません。よほど英語が堪能な方でないとしっかり理解するのは難しいでしょう。

そして、読むのが面倒なのでなんとなく「同意ボタン」を押して使用開始してしまう方がほとんどだと思います。

その結果、通話録音アプリは好き勝手に暴走します。同意した時点で、端末の連絡先データへのアクセス権も付与しているため、データが勝手に使われて他人に迷惑がかかる可能性もあります。

それでは、AppStoreで「通話録音」で検索した際に表示されるアプリについて簡単に説明していきます。

具体的な通話録音アプリとは

以下に、「通話録音アプリ」の危険性をご紹介します。

ただ、すべては紹介できないのでダウンロード数が多いものから取り上げてみますが、重要なのはここで紹介していない録音アプリは安全という事ではありません。

通話録音アプリは、基本的に危ないです。

危険なアプリ1、通話録音-保存して聞く


作者Madduck
(3日間無料)
年払い 5500円(自動更新)
月払い 1280円(自動更新)

★通話録音-保存して聞く日本語での低評価あり

タイトル:使えません

何度トライしてもログインできませんでした。

300円の課金をしても5500円になってました。

想定外の課金がされるアプリのようです。

投稿者:爺じゃ

タイトル:このアプリはやばい

いかにして年間使用量の5500円を回収するか(しか)考えていないアプリ。

インストール後の画面の文面が信用できない類のやつ。

最初の画面kら速攻で閉じてアンインストールしたけど、まさかこれで後日請求されないよな・・・?

投稿者:ひーーーお

危険なアプリ2、通話レコーダーiCall

作者 Appitate LLC
(3日間無料)
週払い 1150円(自動更新)

★[通話レコーダーiCall]は日本語での低評価あり

タイトル:訳わからない。最悪。

ダウンロードした途端に課金?ありえない。無料となっている意味がわからない。

しかも大事な利用規約の題名は日本語、開けば英文。
みんあ英文読める訳じゃない、

どうやって解約していいのかも書いてないしわからない。

不親切アプリ

どうしたらいいか日本語で返答してほしい。

投稿者:み、く、る、と

タイトル:いろいろとおかしいよね。
すでに書かれている方もいますが、登録した途端に課金になりました。解約方法も英文のみ、かつヘルプにも記載がありません。
レビューの高評価の日本語も相当怪しいし。すごい期待していたのに残念です。
投稿者:ゆうきちまる

タイトル:高いです。

インストールして登録進めていくと勝手に高いプランに登録されそうで、解約しようとするとアプリが落ちて解約できなくなりそうで本当に焦った。
よく読むとコメントが全部おかしな日本語。あーこわい。
投稿者:ぼったくられそうになりました

危険なアプリ3、Tape A Call:通話録音

作者 Epic Enterprises
通話録音-保存して聞く
Tape A Call:通話録音は日本語での低評価あり

タイトル:身に覚えのない通話記録
突然キャリアから28000円の通話料金の請求がきました。
詳細を確認するとこのアプリを通して1日で12時間の通話をしていることが確認とれました。まったく身に覚えがありません。
投稿者:ゆき35896

タイトル:解約方法です

ソフトバンクでグループ通話を契約して臨みましたが、結局使えませんでした。通話相手が受電し、こちらがグループ通話ボタンをタップすると電話がきれてしまいます。

るいいじ

間違って登録してしまった場合の解約方法

  1. iPhoneの設定をタップ
  2. iTunesStoreとAppStoreをタップ
  3. 自分のAppleIDをタップ
  4. AppleIDを表示を選択
  5. 登録をタップ
  6. 「解約したいアプリ名」をタップ
  7. アプリの金額のチェックをはずす

電話録音アプリの被害報告集

・無料と書いてあったので使用開始したところ、いきなり課金されてしまった。

 

・電話録音アプリが勝手に通話をしてしまい、キャリアから身に覚えのない28000円の高額請求がきて、消費者センターに相談中。

 

・結局、使えなかった。

 

・電話録音アプリの解約方法がない、わからない。

 

・レビューが高評価だったので購入したがよく見ると日本語が怪しすぎた

 

iPhoneで通話を録音するおススメの方法

iPhoneでのアプリなどを使って録音する場合の危険性については上記のとおりです。

それでは、iPhoneの電話を録音したい場合にはどうすればいいのでしょうか??

結論、ボイスレコーダーを使ってアナログ的に録音するのが一番安全というのがこの記事の結論です。

通話音量を最大にして、ボイスレコーダーを近づけておけば録音可能です。

まとめ

iPhoneの録音はかなりの困難。

どうしてもの場合は、アナログ方式が最も安全・安心。

法人契約であれば、高額な料金は必要ですがキャリアから用意されているものもあります。

下記のページを参考にしてみてください。

【法人】ドコモのiPhoneでの通話録音するオプション

https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/tsuwarokuon/

【法人】auのiPhoneでの通話録音するオプション

https://biz.kddi.com/service/voice-phone/recording/

【法人】ソフトバンクのiPhoneでの通話録音するオプション

https://www.softbank.jp/biz/mobile/solution/tsu-roku/

★シェアお願いします。★

今回は記事執筆のために、通話録音アプリをダウンロードしましたが正直、程度の低さに愕然としました。

そして、iPhoneの通話録音アプリの危険性を理解することなく、「iPhoneで通話を録音できるおすすめアプリ」として上記の危険なアプリを紹介している記事が多数見受けられます。

おそらく、ろくに使わずに・分析せずに書いた記事だと思われます。

上記で紹介しているのはほんの一例です。どこの通話録音アプリの会社も共通ですが、文法も内容も意味不明のサクラレビューを大量に投稿してAppStoreでの星の数をを増やして完全に日本人を鴨りにきています。

この記事をシェアすることで、検索時に詐欺アプリをおすすめと紹介している記事よりも先に表示されて、多くの人に通話録音アプリでの危険性を周知できて被害を少なくすることができます。

ぜひ、ご協力お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA