iPhoneのエクセルアプリの無料版・有料版の違いとは【できること・できないこと】

エクセルに課金するか迷っている人

iPhoneのエクセルアプリって無料でなにができるんだろう?どんな人が有料版にすべき?

日本で大人気のiPhoneですが、あのMicrosoft社が出しているエクセルのiPhone版が有ることはご存じでしたか?

結論、たいていの機能は「無料」で利用することができます。

この記事では、iPhone版のエクセルが気になるという方に、無料版有料版で何が違うのか、iPhone版とWindows版で何が違うのかについて説明します。

iPhoneのExcelアプリ(無料版)でできること

iPhoneのエクセルアプリは、無料版であっても、想像以上に機能制限なく様々な機能を利用することができます。

無料版で使える機能は下記の通りです。

基本的な数式入力

iPhone版のエクセルでも問題なく数式を扱うことが出来ます。

Windows版と同じく、fxボタンをタップするだけで「=」から始まる式が入力されます。

普段使う関数や日付、財務といった関数などの候補グループの中から使用したい関数を選ぶと入力が進んでいきます。

式の詳細な入力方法もWindows版と同じで、対象となるセルをタップすることで式の入力を行っていきます。

Windows版と少し違うのは相対参照絶対参照の選択方法です。

Windows版で絶対参照をする場合はF4(ファンクションキー)で切り替えますが、iPhoneアプリ上では選ばれたセル番号「B4」などをタップし、参照の種類を選択することで変更が可能です。

数値入力

普段テンキーで入力している方はiPhoneでもテンキーが欲しくなるところです。

残念ながら、物理的なテンキーは出現しませんが、画面上に「テンキー+四則演算などの数学記号」が選択できるキーボードを表示できます。

テンキーによる入力が出来れば数値だけの入力は早く出来るので重宝します。

グラフ挿入

簡単なグラフでしたらテンプレートに従って作成が可能です。

ただし、多軸や飛び飛びの列のデータからグラフを作成するにはデータの並び替えやデータの追加といった手間が必要です。

ペンでお絵かき

恐らくWindows版ではまったく使わないであろう、お絵かきが出来る機能があります。

この機能は、グラフやセルの説明を視覚的にわかりやすくする際、手書きならではの早く直感的にできるというメリットを提供してくれます。

セルの塗り潰し

これも言わずとも知られたエクセルの代表格、セルの色塗りです。

カラフルに染め上げる人はこの機能は抑えておきたいところです。

フォントの変更

文字フォントも選択できます。

文字フォントは游ゴシックlight、游ゴシックmediumが標準でインストールされていますが、他にもoffice互換性フォントとして多種のフォントをインストールすることが可能です。

書式設定

罫線などの表作りには欠かせないツール、フォントの色変更、セルの結合など、エクセルの機能と言えばこれだ!!と言っても過言ではない機能が無料で使用できます。

ここまで並べられると、有料版では何ができるのか、気になりますよね?では、早速見ていきましょう。

ほとんどの機能が無料で使えるんだね!
有料版にする人いないんじゃないの?

実は有料版だけしか使えない機能が存在します。次のページで見ていきましょう。
1 2