次期iPhone11(仮称)はカメラユニットの色も、選んだ色に合わせて変化か!?




iPhone

iPhone11(仮称)では、カメラユニットの色が本体色にあわせて変化するかもしれません。

iPhoneXSiPhoneXRではどの色を選択しても、カメラユニットは統一の色(ブラック)でしたが、iPhone11ではカメラユニットの色が選択した色にあわせて変わるという予測画像が@BenGeskinがツイッター画像を公開しています。

最近の報道では、次期iPhone11は背面ガラスが一枚ガラスで構成されるという報道もあり、デザインの自由度は増しているのかもしれません。




iPhoneケース選びも慎重になる?背面でも色ごとの差別化がより強調される

もし、情報通り本体背面のカメラユニットの色が、選択した色にあわせて変わっているのであれば、より色ごとの差別化が強調される形となります。

特に、iPhoneやスマホはケースを着用するユーザーが多く、本体の色は識別できない場合が多かったので、本体色はなんでもいいという声も多くありました。

しかし、写真が撮影出来なくなくってしまうためカメラホールを覆うケースは存在しません。ケースをつけていても、選択した色が確認できるということになれば、より色にこだわって選ぶ重要性が増してくるといえそうです。

iPhone11(仮称)さらなる値上げの要因になるか?

一般的には、調達コストの面ではすべての色で同じカメラユニットを使ったほうが、安くなります。

カメラユニットの色も統一させることで、さらなる値上げの要因になるのではないかと懸念の声も上がっています。

iPhoneXSよりも高価になる?

iPhoneXSの後継機と言われている次期iPhone11(仮称)ですが、カメラのレンズも増えていますので、部品原価はアップすることが予想されています。

つまり、最終的にユーザーが支払う金額にも影響がある可能性は高いと言えます。

10万円を越えて話題になっているiPhoneXsですが、iPhone11ではさらなる金額アップで世間を驚かせるかもしれません。

まとめ

iPhoneはシムトレーの色も、色によって変えていますので、カメラユニットの色も選択色によって変化させるという情報も実現しそうです。

タイトルとURLをコピーしました