Amazonミュージック – 勝手にシャッフルされる原因と対処方法

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

Amazonミュージックを聞いている時に、勝手にシャッフルされてしまうと困惑の声があがっています。

「前はシャッフルなんてされなかったのに」と、どこか設定をいじってしまったのかと、解除する方法を探している人も多いかと思います。

今回は、シャッフルモードになる原因と対処方法について解説していきます。

Amazonミュージック – 勝手にシャッフルされる原因と対処方法

まずは結論からいうと、Amazonミュージックの仕様変更がシャッフルの原因です。

2022年11月1日に、下記の変更点が発表されました。

  • 再生時に選択した楽曲に近い楽曲が含まれたプレイリストを再生
  • 広告無しのスキップ回数制限付きでシャッフル再生
  • 200万曲から1億曲に拡充

つまり、自動でシャッフル再生されてしまうのは、スマホやアプリ設定の問題ではありません。

シャッフルのせいでスムーズに好きな曲が聞けない

勝手にシャッフルされる最大の問題は、好きな曲を選んで、タップしてもスムーズに聞けないことです。

「タップした楽曲が聞きたいのに、なんで?」と疑問に感じてしまいますよね。

つまり、タップした曲が存在するプレイリストから勝手にシャッフルして似たようなプレイリストを再生してくるというわけです。

勝手にシャッフルされるのを解除する方法

ここからは、勝手にシャッフル再生されるのを、解除する方法について解説していきます。

結論から言うと、シャッフル制限を解除するには、アンリミテッドに登録するしかありません。

amazonプライムミュージックには「通常会員」「アンリミテッド会員」の2種類があります。

勝手にシャッフルされるのを解除する方法

プライムに入っていて使えるamazonミュージックプライムだけでは、シャッフルとなってしまいます。

「ピンポイントでこの曲が聞きたい」と言うう場合、プライムミュージックの上位版「アンリミテッド」に入ってしか聞く事ができません。

シャッフルなしの「アンリミテッド」とは


シャッフルなしの「アンリミテッド」とは

画像引用:Amazon

Amazonプライムミュージックの上位版の名称が「アンリミテッド」です。

直訳すると「制限なし」ということです。

アンリミテッドに加入すると以下の制限が解除されます。

  • シャッフル再生のされなくなる
  • 楽曲制限が解除される
  • スキップ制限がなくなる
  • ダウンロード制限がなくなる
  • 音質制限がなくなる

イヤだな思っていた、制限がすべて解除されます。

「シャッフルすな!」と感じていたストレスから解放されます。とりあえず、30日間だけ聞きたい曲を自由に満喫してみるのもおすすめです。

ちなみに、アンリミテッドには無料で1ヶ月の試用期間があります。

とりあえず、1ケ月だけ好きな曲を聞きまくって、アンリミテッド版が自分に合うかどうか確認してみるのもおすすめです。

ちなみに、30日トライアルで合わないと思ったら、途中で解除すれば完全無料です。

無料体験できるリンクはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です