最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

紛失ケータイの交換サービス、無くしたふりをして交換・転売がだめな理由【確実にバレる】

keitai-funshitsu-koukan-tyuui2

ケータイ電話の大手各社には紛失ケータイ交換サービスというものがあります。毎月の保険オプションに加盟しているユーザーのみ利用することができる、万が一の時には大変ありがたいサービスです。

携帯電話をなくした場合にコールセンターなどに申請をすると、新品同等のリフレッシュ品が手元に届くというサービスなのですが、このケータイ交換サービスをわざと利用して利益を得ようとすると、とんでもない目にあうことがあります。

紛失したふりをして売却するとバレる?。

例えば、自分が使用中のスマートフォンをわざとなくしたふりをして、新品同等品を取得し、古い方の端末を売ってしまうという方法は誰でも思いつきそうなものです。

手元には新品同等のリフレッシュ品がありますし、かかった費用はこっそり売却した古い端末の利益でペイしてしまうという流れです。

以上のような方式であれば、手元の機種も新しくなり、端末を売却益も得られるのですが、実は危険が潜んでいます。

結論、絶対やめたほうがいいです。

端末の整番はすべて管理されているという事実。

keitai-funshitsu-koukan-tyuui

この世の中に販売されているすべての携帯電話端末には、IMEIという端末固有の製造番号が割り振られています。

本体の設定アイコンから、端末情報を開くと確認することができます。これは、端末のID番号(識別番号)にあたるもので、世界にひとつしかない端末ということを示しています。

そして、その識別番号がふられた端末情報をもとにして、この端末を購入した人物は~氏であるという情報までしっかり調べることができます。携帯ショップなどで購入する時に、免許証を求められるのはそのためです。

そして、大手キャリアは、この製造番号をもとに自社で販売した端末を管理する権限を持っています。

例えばシムフリー化に関しては、解約前であればマイページの中にあるシムロック解除ページにIMEIを入力すれば、端末をなにも操作しなくても、シムロック解除されて、他キャリアのSIMも利用する事ができるようになるのです。

本体を何の操作もせずに、SIMロックが解除されるということは、キャリアが端末の管理権限を保有している事の証明にほかなりません。

売却した後に誰かが購入して使い始めた時までの時限装置。

紛失したと申請して新しい端末を取得した後に、古い端末を売却して利益を得たとします。

そして、その端末を別の誰かが購入した時に悲劇が起こります。紛失したという申請があった時点で、その端末はロックがかけられているため、まったく利用することができなくなっているのです。

電波を拾わない、WiFiが使えない、アクティベーション(初期設定)ができない、など端末を使うにあたっては必須機能が利用できないという致命的な状態となります。

そこで、その中古端末の購入者がショップやコールセンターに問い合わせることで、実は紛失しておらず売却して利益を得ていたという事実が明らかになります。

※実は、申請がなくても、ある程度は把握できています。

紛失していないことが発覚するとキャリアから請求書が届く結果に。

keitai-funshitsu-koukan-tyuui2

紛失交換サービスの約款には、もし紛失していなかった事が判明した場合は、それ相応の請求をしますという一文が明記されています。

発送センターの人件費や発送された新品端末の価格などを含めて、当たり前に端末を買うよりも、はるかに高額な請求がされたというケースもあるようです。

得をしようとしても、最終的に大損になる可能性がはるかに高いので、賢い皆様は絶対にやめたほうがいいと思います。

得られる価値に対してのリスクが高すぎます。

警察への紛失届も必要。

紛失交換サービスを利用する場合には、警察署などで紛失届を受理してもらうことが条件になっています。

となると、失くしていないのに紛失届を警察署に届けた場合は、嘘の申告をしていることになりますので、もし嘘だとわかった場合には、それ相応の罰が発生する可能性があります。

得られる数万円の僅かな金銭のために、人生を棒にふる可能性もでてきますので、決して目先の利益に惑わされて人生をおかしくしてしまわないように注意しましょう。

当たり前に無くしたときは心強い味方となるサービス。

今回は、なくしたふりをするのは絶対バレます、ということを書いてきましたが、本当に失くしてしまったときには大変心強いサービスとなっています。

携帯を紛失したと申請すれば、センターから端末ロックもかけてもらえますし、数日待てば新品同等品(リフレッシュ品)が手元に届いて利用することができるようになります。

本当に紛失して待ったときには、積極的に活用したいサービスです。