最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【子育てとスマホ】育児中の人が選びたいiPhoneおすすめモデル、サイズ重視派?画質重視派?【2019】

たくさんのiPhoneラインアップが販売されていますが、子育て中の人が選びたいiPhoneのシリーズについて検討していきます。

2019年現在、選択肢としては、iPhone8(4.7インチ)、iPhoneXS(5.8インチ)、iPhoneXR(6.1インチ)、iPhoneXsMAX(6.5インチ)などです。

子育て中の人が最も使いやすいiPhoneはどのタイプなのでしょうか?

子育て中に最もおすすめしたいのは総合力でiPhoneXS

まずは、結論からいうと子育て中の人に一番おすすめしたいiPhoneは、iPhoneXSです。

その理由は、本体のサイズ感もギリギリ片手で操作ができる範囲ですし、デュアル光学式手ぶれ補正がついたカメラで手ブレのない綺麗な写真を撮影することができます。

特に、子育て中は一瞬のかわいい表情などを写真に綺麗に収めたいという事もありますので、通常の広角レンズに望遠レンズ、デュアル手ぶれ補正とまでついたデュアルカメラという機能は大変心強いでしょう。

また、iPhoneXSはSuper Retina Display搭載(有機ELパネル)でコントラスト比が1000000:1と高く、綺麗なディスプレイで写真を楽しむことができます。

iPhoneXRやiPhone8などは、従来通りのLCD版のRetinaディスプレイですので、コントラスト比は1400:1です。

子育て世代におすすめの要領は64GB以上

次に、おすすめのストレージ要領ですが64GBではやや頼りないかもしれません。

iPhoneXSでは、64GB/256GB/512GBと3種類のストレージがラインアップされています。

現在の端末は長期契約が主流になっていますので、端末の使用開始から使い続ける場合は、途中の段階からデータを消しながら使う必要が出てきてしまいます。

256GBあれば、ある程度子供のムービーなどを撮影して本体に残しておいても耐えられる要領といえそうです。

ただ、64GBを購入した場合でも、GooglePhotosを活用して外部に写真を移行しつつ使用したり、定期的にiTunesを活用してパソコンにデータを移行しながら使うなど、多少の手間をいとわない場合は64GBでも十分と言えるでしょう。

子育てとiPhoneXS Maxの相性について。

子育て中に最もおすすめなiPhoneにiPhoneXS Maxをおすすめしなかった理由ですが、良くも悪くも本体サイズが大きすぎることが理由です。

特に、赤ちゃんなど0歳~1歳前後の小さい子供を育児中の場合は、抱っこしながらiPhoneを操作したりする機会も多くあります。

小さいこどもは抱っこせず、ベッドなどに寝かせておくと泣いてしまう事も多いため、常に片手は子供の世話で塞がっている場合も多いと思います。日常の中で、本体サイズの大きいiPhoneXS Maxは、片手操作の場合は画面の端っこまで指が届きませんので、育児中には不向きと言えそうです。

手が大きい男性でもiPhoneXsMAXの片手操作には苦労しますので、子育て中のママ(女性)にはおすすめできません。よほど手の大きさに自信があるひとでないとiPhoneXS Maxを片手で使いこなすのは難しいでしょう。

無理に片手で操作をすると、本体を落下させてしまったり、破損の恐れがありますので、安全の観点からもよくないでしょう。

仮に、ある程度子供が大きくなっていて両手とも自由に使える時間が多いようであればiPhoneXSMaxでもいいのかもしれません。

iPhoneXsMAXの魅力も、iPhoneXSと同様にSuperRetinaDisplayで6.5インチの大画面で迫力を持った写真や動画を楽しむことができます。
また、音のボリュームもiPhoneXSよりも大きくなっていますので、スケールの大きい機種が好きな人にはおすすめです。

子育てとiPhoneXRの相性について。

iPhoneXRが子育て世代にベスト機種と認定しなかった理由は、ずばりカメラ性能と本体の大きさです。

iPhoneXRは、広角レンズが一つだけで、望遠レンズは搭載されておらず、デュアルレンズではありません。

そのため、望遠レンズが搭載されているiPhoneXSのほうがズームに強く、遠くに離れている子供の写真がぶれてしまったり寄りきれないシーンが出てくる場合があります。

また、液晶に関しても6.1インチ、従来通りのLCD版のRetinaディスプレイですので、コントラスト比は1400:1です。

また、最もおすすめとしたiPhoneXSと比較しても、一回りボディサイズが大きくなっていますので、片手操作にはやや不向きである感じると思います。

子育てとiPhone8の相性について

iPhone8が子育て中におすすめのべストスマホと認定しなかった理由は、画面が5.8インチと比較して4.7インチと小さく表示できる情報量が少ないことが理由です。

画面が大きいと情報の表示量が多く、情報収集が効率的にできますので、iPhoneのスクロール量も少なくて済み、効率的な使用ができるようになります。

また、iPhone8認証方式はTouchID(指紋認証)ですが、ベストスマホと認定したiPhoneXSはiPhoneの画面を見つめるだけロック解除ができるFaceIDとなっており、より簡単なロック解除ができます。

まとめ

携帯性、ロック解除のしやすさ、片手での操作性、カメラ画質、液晶の性能などからiPhoneXSが子育て中にはベストだと思います。