【特に夏は要注意】iPhoneのバッテリー過剰消耗を防ぐコツとは




iPhone




iPhoneを長く使う為に、夏の過ごし方は重要です!

iPhoneを長く使用していると、バッテリー数値が急に一桁になったと思ったら、いきなり50%台に回復したりと、数値が乱高下して、不安になったことはありませんか?

症状が悪化していった場合、モバイルバッテリーに繋ぎっぱなしにしないと正常に使えなくなるケースもあります。

実は、その症状はiPhoneの蓄積されたダメージによるバッテリー消耗が原因です。

そこで、今回のエントリーでは、iPhoneのバッテリーを大切にして、iPhoneを長く安定して使う為のコツについて記載していきます。

iPhoneのバッテリーは人間以上に熱に弱い

iPhoneのバッテリーはとにかく熱に弱いという性質があります。

外部の熱にも、内部からの熱にも弱く、加熱により深刻なダメージをうけてしまうと二度と回復はしません。ここで注意したいのが「外部からの熱」にも弱いという点です。

最近、日本の夏は特に気温が上がっています。

直射日光の屋外でiPhoneを操作すると、情報処理によって内部から発生する熱と、夏による外部からの熱のダブルパンチとなり、iPhoneにとっては過酷な状況となります。

Appleジャパンの公式ホームページの内容をご紹介します。

極端な周囲温度を避ける。
Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C~22°Cです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。

引用:https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/

ケースもiPhoneの放熱を妨げる要因

iPhoneにはケースを着用している方も多いと思いますが、ケースもiPhoneに熱をこもらせてしまう要因となります。

特に、衝撃吸収の分厚いケースなどは、iPhoneにダウンコートを着させているのと同じで、放熱を妨げてしまいます。屋外などの暑い環境で使用する際には、特に注意が必要です。

対策としてh、ケース越しでもiPhoneの温度はなんとなく感じ取れると思います。

操作しているiPhoneがちょっと熱いと感じた場合は、ケースから外したり、少しの間(iPhoneの熱がおさまるまで)使用を中断するなど、バッテリーに優しく使用しましょう。

真夏の車内にiPhone放置も危険

夏はレジャーも盛んな季節です。貴重品は持ち歩きたくないという事で、車の中に貴重品などを置いてレジャーを楽しむケースもあると思います。

しかし、空調のきいていない車内の温度は、とても高温になります。

高温の車内のダッシュボードの上などに、iPhoneをそのまま置いておいた場合は、「外部からの熱も苦手」なiPhoneにとっては超過酷な環境となります。

35℃を超える環境下にデバイスをおかないよう、Appleの公式ホームページでも推奨していますので、35℃を越える真夏の社内には注意しましょう。

対策としては、バッグの中に入れたり、タオルで包むなど、ちょっとした工夫でiPhoneのバッテリーが長持ちするようになります。末長く快適に使う為にも、ケアしておきたい部分です。

充電だけでも高温になる季節

夏は、空調をつけないと屋内でも高温になりますので、普通に充電しているだけでもiPhoneの本体がかなり熱くなってしまいます。

そんな夏の暑い環境下において、充電ケーブルをつなぎながらゲームをしたり、操作をしてしまうと、充電で発生する熱に加えて、操作で発生する熱も加わって、iPhoneに深刻なダメージを与えてしまう危険性があります。

大切な部分なので繰り返しますが、熱で負ってしまった深刻なダメージは二度と回復しません。

iPhoneは24回払いなど分割で購入するのが一般的ですので、最低でも2年間は快適に使えるよう工夫しながら、使用していきましょう。

なるほど、iPhoneは熱い環境においてはダメなんだね!

 

充電しながらゲームしちゃいけないのね!

 

バッテリーを健康に保つと快適に使えますよ。

 

[ なんでいきなり? ] iPhoneの電池が一気に減る謎、ついに解明。
iPhoneの電池が一気に減る。いきなり減るのはなんの異常?。 ...