ブログを始めるのにおすすめのサーバーはどこがいい?【ConoHa WINGがおすすめな理由】

ブログを始めるにはどこのサーバーがいいのでしょうか?

今回は「収益化」を狙ってブログをはじめたい人、しっかり稼ぎたい人向けに、おすすめしたい最新のブログサーバー情報と、その理由を実例を踏まえてご紹介していきます。

なお、収益化やブログで稼ぐ気はなく、シンプルに趣味でブログをはじめたい人は、アメブロがおすすめです。

わざわざ、大切なお金を払ってサーバーを借りる必要はありません。

ここから先は、無駄な出費はおさえつつ、しっかりとブログで収益化していきたい人向けのサーバーに関する記事になっています。

この記事の信頼性

この記事はブログでトータル収益が7桁を突破した当ブログ「ゆたろぐ」の管理人が執筆しています。

ブログサーバーとは

ブログサーバーとは、ブログの記事を置いておく場所のことです。

選択したブログサーバーによって、表示速度・反応速度・アクセス許容量などに差があります。

サーバー選びを間違えてしまうと、サイトが重たくなってしまい、閲覧者が集まりづらいブログになってしまいます。

サーバーを借りる理由とは

ブログで稼ぎたい人、収益をあげたい人はなぜ無料のアメブロを使わないのでしょうか。

答えはシンプルで、自分のブログ内の広告がクリックされても、記事執筆者にはお金が入ってこないからです。

格安サーバーはおすすめしない理由

サーバーには、月額500円未満の激安・格安サーバーもあります。

サーバー会社の名誉を守るために、サービス名は出しませんがおおよそ月額500円以下のサーバー会社は、格安サーバーのカテゴリに入ります。

値段だけで飛びついてしまうと、あまりのブログ執筆画面の反応の遅さに、せっかく始めたブログのモチベーションを下げ、挫折する原因になりますので、決しておすすめしません。

ちなみに、格安サーバーの特徴は以下の通りです。

・記事執筆画面が遅くて不便
・表示速度が遅くて不便
・サイトが重たくて不便
・サポートが不十分で不便
・アクセスに対して脆弱に不便
・WordPressインストールなどがついておらず不便

など、とにかく格安サーバーをつかっていいことは何もありません。

趣味レベルでサイト・ブログを運営するのはいいかもしれませんが、ブログで収益化を狙っていくなら、格安サーバーは避けるべき地雷です。

10万円以上稼いでいるブロガー・サイト運営者は、例外なくConoHa WINGエックスサーバーのどちらかを使っています。

ちなみに、このブログはスタートはXSERVERを選択しましたが、速度を求めた結果、現在はConoHa WINGで運用しています。

 

他のブログが使っているサーバーを調べる方法

こちらのツールを使えばサイトがどのサーバーを使っているかを確認することができます。

https://www.aguse.jp/

もし、参考にしたいサイトなどがあれば、入力欄にURLを打ち込んでサーバーを使っているのかをチェックしてみましょう。

サーバーを調べる方法

試しにこのサイトのURLhttps://yutalog.netと入力してみます。

サーバーを調べる方法2

このサイトはConoHa WINGなので、conohaという単語が表示されています。

Xserverであれば、Xserverといったように、使っているサーバー名・会社名がが表示されます。

 

格安サーバー選択は究極の時間ロス

ブログは、仕事終わりや休日など限られた時間の中で運営していく事になります。

格安サーバーを選択した場合、クリックするたびに反応が遅く、毎度毎度大きな時間ロスも生まれてしまいます。

本気で稼ぎたいなら格安サーバーの地雷は絶対に踏まないようにしましょう。

ブログをはじめたいという友人にも「絶対に格安だけはやめた方がいいよ」伝えています。

 

Google Speed Insightで速度計測できます

サーバーの品質が悪く、表示速度が遅いサイトは、収益化が難しくなります。

ブログ運営に表示速度は、ブログの成否を左右すると言ってもいいほど大切な要素です。

検索順位をつかさどるGoogleもスピードは重要と明言しています。

なお、サイトのスピードは、Google Speed Insightというツールで測定することができます。

このツールは、Googleが提供している測定サービスで0点から100点の間で、サイトの速度を数値化してくれます。

ブログのスピード測定の結果

ちなみに、このサイトの数値を掲載しておきます。

 

サーバー費用は一番ケチってはいけない。

サーバー費用は、ブログ唯一の月額固定費です。高く見積もっても1500円以上かかりません。

ブログ運営にとってのサーバー費用をケチることは、初デートでの食事代をケチるようなものです。

サーバー選びを失敗すると、単に時間を浪費して終わる可能性が高いので、ブログはやらないほうがいいかもしれません。

稼げるブログはいいサーバー環境でこそはぐくまれる

ブログは、必要な部分にはしっかり費用をかけて、いい環境でおこなうことをおすすめします。

たくさん稼ぐブログにするためには、良いサーバーが必要だと断言します。

ちなみに、半年くらいコツコツ更新を続けると、どんな人でもサーバー費用くらいは普通に稼げるようになります。

なお、ブログは書き始めると徐々に慣れてきます。

1,000円稼げたら3,000円稼げますし、3,000円稼げれば10,000円稼げます。

ブログをはじめるのにConoHa WINGをおすすめする理由

ちなみに、トータルで7桁金額の収益化に成功した、このブログはConoHa WINGというサーバーを使っています。

理由はシンプルで、表示スピードが速く・ブログが軽いからです。日本最速という超ハイスペックなのに1000円前後という手ごろな価格です。

また、セルフバックというシステムで100%サーバー代のもとをとる事もできます。

セルフバックについては後ろの章で解説しています。

おすすめな理由1 初期費用・解約費用が0円

ブログを開始するためには、契約手数料というものが3000円(税別)かかるのが当たり前でした。

しかし、ConoHa WINGは契約手数料が0円です。

ちなみに、いざはじめてみたもののブログが合わないことに気づき辞めてしまっても事務手数料は戻ってきません。

3000円は結構大きいので、最初から支払わないのに越したことはありません。

 

おすすめな理由2 使用料は1時間2円~・初月から無駄なし

ConoHa WINGは初期費用無料、使用料金も時間単位で区切られています。

サーバー会社の中には、初月から満額請求する会社もありますので、ConoHa WINGは初月は1時間2円と良心的な価格設定です。

かなり極端な例ですが、ブログを始めた瞬間に心が折れて、1時間のみでやめたい場合は2円のみの支払いでOKという事になります。

初期費用無料・使用料金1時間2円(1日最大48円)というのは使った分だけというのは、ブログをはじめやすいですね。

ちなみに、月額の料金は選択したプランにより異なりますが、最も高くても1300円くらいでストップします。

おすすめな理由3 腰を据えてブログをやりたい場合の割引も充実

どうせ始めるなら成功するまであきらめない!という堅い決意がある場合は、Wingパックというプランがあります。

いわゆる契約する期間を3ヵ月・6ヵ月と定めて、前払いすることで、料金の割引が受けられるシステムです。

覚悟を決めて取り組みたい場合やあきらめずにコツコツやりたい場合には、Wingパックがおすすめです。

なお、Wingパックにすると運営に必要なドメインも無料で入っていますので、WINGパックがあればブログ環境はすべて整います。

有料サーバーを使ってモチベーションアップ

サーバー費用が1000円程度発生していることで、自分自身のブログに対するモチベーションもアップします。

最初のころは、なにがなんでもサーバー代以上は稼いでやる!ということを目標に頑張ることをおすすめします。

現在は月額10万以上を稼いでいますが、最初のモチベーションは、やったからにはサーバー代のもとをとる!というのが目的だったことを覚えています。

たった数百円だから、失敗してもいいやと思ってブログをはじめるよりも、サーバー代くらいは絶対に稼いでやると情熱をもって取り組むほうが成功しやすいです。

 

ブログ開始初月からセルフバックで収益化可能

ブログを開始しても、天才的な才能がない限りは、3ヵ月~6ヵ月くらいは収益化ができません

ブログの収益化には、書いた記事数も大事な要素なので、ある程度の時間がたって記事数が増えないと収益化条件が整わないためです。

つまり、開始当初はサーバー代が赤字になってしまう計算になります。

そこでおすすめしたいのが、セルフバックという仕組みを使って、ブログ開始初日からガンガン稼ぐ方法です。

まったくの初心者でも初月から黒字化する裏ワザ

ブログ運営を初月度から黒字にできるのがセルフバックです。

セルフバックは、ブログ収益化を応援するA8.netという最大手の会社が行っています。

A8.netには、超大手の会社も多数参加しており、日本一のサイトです。

こちらも、登録無料・利用料無料なので、ブログを始めたら一番最初に登録しておきたいサイトです。

A8.netの申し込みページはこちら(完全無料)

会員登録が終わったら、ID・パスワードでログインすることができます。

トップページのヘッダーバーの右側にセルフバックというボタンが確認できます。

ブログアフィリエイトセルフバックの画像1

画面の右側にセルフバックというボタンが確認できるので、クリックしてみます。

 

ブログアフィリエイトセルフバックの画像2

お試し登録でブログ収益が獲得できる案件が、山のように登録されています。

中には、セルフバックだけで数十万円稼いだというツワモノもいます。

ちなみに、セルフバックとは、ブログ運営者向けに提供されている、お試しサービスのことです。

結構、誰もが知っている大手の会社もたくさんありますので、怪しい要素は一切ありません。

提供している会社側からすれば、サービスを使ってもらってブログで紹介してもらってPRという流れを期待しているはずです。

なお、紹介しなくてももちろん収益は発生しますが、可能であれば、ブログで紹介してみましょう。

ブログを運営しているという看板さえあれば、全くの初心者でも利用することができます。

開始初日からいきなり収益化→ハードル低すぎ。

セルフバック案件で、特におすすめなのが動画配信サービスの無料お試し登録です。

無料で動画を楽しんだ上に、収益がもらえるという神システムです。

もちろん、無料体験だけで解約OKです。

それでも収益は発生します。簡単すぎですよね。

・U-NEXT(31日間無料体験) →1665円のブログ収益
・FODプレミアム(1ヵ月無料体験)→1020円のブログ収益

この2つを登録して、普通に動画コンテンツを楽しむだけで2685円の収益が発生します。

すでに、2ヵ月分以上のサーバー費用のもとはとれることになります。

ちなみに、U-NEXTにはリンクがつけておきました。

間違ってここでU-NEXTの無料体験登録をしてしまうと、このサイトに収益が発生してしまいます。

無料体験カードは、一案件につき一枚のみです。

これからブログ運営を検討している場合は、ここで無料体験を使わず、セルフバックの時にとっておきましょう!。

1万円以上のセルフバックもあり

さらに、カードをつくることに抵抗がなければ、

・Yahoo!Japanカード発行(無料) →4600円のブログ収益
・イオンカード発行(無料) → 2750円のブログ収益
・エポスカード発行(無料)→ 6400円のブログ収益

例えば、この3枚のカードを発行すると、13750円のブログ収益が確定します。

先ほどの映像サービスにすべて登録して、カードも3枚発行すると、16,435円のブログ収益が確定します。

駆け出しブログでも、持ち出し費用なしで普通に儲かる

いずれのサービスもすべて0円なので、持ち出し費用は1円もありません。

以上のように、ブログ開始時にはセルフバックシステムを使って即時収益化をすることでいきなり黒字の実現が可能となります。

ただ、セルフバックは一案件につき一度しか使えない裏ワザなので、継続した収入(Googleアドセンス収益)を得るためには、質のいい記事数を増やしていく必要があります。

まずはブログをつくったら、こちらのセルフバックサービスに登録しておきましょう。

無料の保険相談等のセルフバックもアリ

個人的にもブログを始めたての頃に、保険の無料面談で1万円もらえるというセルフバックを試した事があります。

すでに知り合いの保険に入っていたので、変える気はなかったのですが、無料相談なのでその点も正直に伝えました。

結論、保険屋さんと雑談をするだけになり、収益が発生するのか半信半疑でしたが、しっかり1万円もらえました。

振込まで1カ月半くらいかかりましたが、本当に収益になっていて驚いたのを鮮明に覚えています。

「お金を稼ぐ方法は、会社で汗水たらして働くだけじゃないんだ」と、変な目覚めもありました。

まとめ

サーバー一般的な価格相場ですが、月額1000円~1500円前後で選ぶのがおすすめです。

稼いでいるブロガー・サイト運営者の大半は、ConoHa WINGエックスサーバーのどちらかを使っています。

体験談を踏まえて言うと、どちらのサーバーにしても、絶対後悔はしません。ちなみに、最近のトレンドとしては、XserverからConoHa WINGにシェアが移行しつつあるようです。

なお、このブログも最初はXserverを使っていましたが、後からConoHa WINGに移行しました。実際の体感などはこちらの記事にまとめています。

【速いのはどっち?】Xserver vs ConoHa WINGどちらのレンタルサーバーがおすすめか比較。

結論、ConoHa WINGの方が速かったので、いまからブログをはじめるならConoHa WINGでオッケイです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA