【解決】iPhoneが充電できない!雷マークがすぐ消える時の対処方法5選

迷っている人

iPhoneを充電しようとしても、雷マークが消えて、充電に失敗します。
iPhoneの充電を開始してすぐに、雷マークが点灯しても、すぐ消えてしまい充電に失敗してしまうという事象が報告されています。今回は、iPhoneが充電できず雷マークがすぐ消える場合の対処方法を解説していきます。

iPhoneが充電できない!雷マークがすぐ消える時の対処方法5つ

iPhoneを再起動

iPhoneの充電した際に、カミナリマークがすぐ消えてしまったり、充電がうまくいかない症状が頻繁に発生する場合は、一旦iPhoneを再起動してみましょう。

下記の手順に従って再起動をすると、通常の充電挙動に戻る場合が多いです。

使用しているiPhoneのモデルごとに強制再起動の方法は異なります。

FaceIDのモデル、iPhone8、iPhoneSE(第二世代)

  1. 音量を上げるボタンを押します。
  2. 音量を下げるボタンを押します。
  3. サイドボタンを押さえたままにします。
  4. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

FaceIDのモデル、iPhone8、iPhoneSE(第二世代)の場合は、「タン・タン・タン(最後は押したまま)」とリズムよく3つのボタンを順番に押していくことで強制再起動をすることができます。

電源を切るのスライドがでても、無視してサイドボタンを押し続けましょう。

iPhone7

  1. 音量を下げるボタンとサイドボタンを長押しします。
  2. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

iPhone7以前のモデル

  1. 電源ボタンとホームボタンを長押しします。
  2. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

全モデル共通ですが「電源を切る」というスライドがでても無視して、Appleのマークがでるまでボタンを押し続けましょう。

以上の手順で、簡易的なエラーなどが充電が不安定になっている場合には解決することができます。

しかし、こちらの再起動をおこなっても症状が改善しない場合には、システム以外の部分が原因がある事がほとんどです。

具体的に見ていきましょう。

iPhoneコネクタ(充電を指す部分)の清掃

【解決】iPhoneが充電できない!雷マークがすぐ消える時の対処方法5選2

iPhoneの充電器を差し込む部分に汚れが付着していないか確認してみましょう。

長く使用していると、気づかぬうちにホコリなどが付着してしまい、充電の妨げになってしまいますので、定期的に清掃するのがおすすめです。

iPhoneの充電器のコネクタ部分のホールは、軽くのぞき込むだけで、すぐに状況がわかります。

もし、汚れが確認できた場合には、エアダスターや乾いた綿棒・ティッシュなどで優しく清掃しましょう。

なお、iPhoneは、精密機械ですので、水分を含ませたティッシュ・綿棒などでの清掃は厳禁です。

水気がある状態で充電した場合、発火などの危険性もありますので、絶対にやらないように注意しましょう。

AC充電器+ケーブルなどをコンセントから抜き”放電”させる

【解決】iPhoneが充電できない!雷マークがすぐ消える時の対処方法5選3

AC充電器を長い間、コンセントに挿し込っぱなしにしておくと、過剰に帯電してしまい、正常な充電ができなくなる場合があります。

また、iPhoneの純正充電器の場合は、コンセント部分とケーブル部分が分離しているため、接触不良などによっても充電不良が起こる可能性があります。

この症状を一気に改善するためには、一旦AC充電器をコンセントから抜いて、ACコンセントから充電ケーブルも取り外します。

垂直に引っ張るとすぐに外すことができます。

そして、10分~15分程度、放電する時間をとった後に、再度ケーブルを根元までしっかり挿し込み、改めて充電をしてみましょう。

もし、iPhoneの充電ができない症状が、モバイルバッテリー使用時に発生している場合には、モバイルバッテリーの出力不足の可能性も考えらえれます。

その場合、モバイルバッテリーではなく、屋内の電圧が安定しているACコンセントで充電してみましょう。

もし、モバイルバッテリー使用時のみ雷マークがつかない場合には、モバイルバッテリー側に原因を求めることができます。

別のAppleの純正ケーブルを使用してみる

【解決】iPhoneが充電できない!雷マークがすぐ消える時の対処方法5選3

充電不良に多いのが、Apple純正以外のAC充電器や充電ケーブルを使用しているケースです。

iPhoneは、”純正の付属品”や”認可された付属品”以外には、安定して動作ができないようにロックがかかっています。

ちなみに、これまで問題なく使えていた場合でも、iPhoneのソフトウェアアップデートなどにより、使えなくなるケースも多く報告されています。

もし、iPhoneの充電に失敗する場合には、純正のAC充電器や純正ケーブルを使用しているかを確認してみましょう。

また、モバイルバッテリーなどを使用している場合も同様です。

iPhoneのバッテリー摩耗が原因なら”電池交換”

上記の手順をすべておこなっても安定して充電が出来ない場合には、iPhoneのバッテリー自体が摩耗している可能性があります。

設定 → バッテリーアイコンバッテリー → バッテリーの状態 → 最大容量

上記の手順で最大容量の確認ができます。

もし、最大容量に表示されている数値が80%台になっていた場合は、摩耗が進んでいる状況です。

バッテリー交換を視野にいれて、対策を検討してみましょう。

また、バッテリーに関しては熱に弱く、充電しながら使用してしまった、暑い日に本体温度を上げすぎてしまった、など温度を上げすぎたことにより異常が発生する場合もあります。

残念ながら、バッテリー摩耗が原因で充電不良が起こっている場合の解決策はバッテリー交換しかありません。

iPhoneのバッテリー交換費用

バッテリー交換依頼ページはこちらです。
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service

iPhone本体・AC充電器のどちらが原因か切り分けシート

iPhoneの充電ができない・雷マークがつかない場合には、下記の切り分けシートを参考にしてみてください。

  • 本体側のシステムが原因 → 再起動で解消
  • 本体側の物理的な汚れが原因 → ドック清掃で解消
  • 本体側のバッテリーの一時的な異常が原因 → 再起動で解消
  • 本体側のバッテリー摩耗が原因 → バッテリー交換で解消
  • AC充電器+充電ケーブル側が純正品でないことが原因 → 純正品使用で解消
  • AC充電器+充電ケーブル側に断線や故障があることが原因 → 別の純正充電器の使用で解消
  • モバイルバッテリーの出力不足が原因 → 別のモバイルバッテリー使用で解消

まとめ

  • iPhoneの充電で雷マークがつかない場合には、再起動をおこないましょう。
  • 再起動を行っても解消しない場合、iPhoneの充電口の乾いた布で清掃をおこないましょう。
  • それでも、解決しない場合は充電器を純正品に、またケーブルも純正品に変更してみましょう。
  • 上記手順をすべて行っても解決しない場合は、バッテリー摩耗の可能性が高いです。Appleコールセンターに電話してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA