iphoneは寿命は平均で何年?【寿命のサインの確認方法とは】

iphoneは寿命は平均でどのくらいなのか調べてみました。

「3年」
Appleの公式サイト情報には、iPhoneの寿命は「約3年」となっています。

デバイス自体は強固であり耐用年数は寿命より長くなるとなっていますが、具体的な数値は明白ではありません。

他の電化製品同様でメーカー想定値は安全係数がかけてあると推測されます。

日常使い(日に5時間)程度であれば、少なくとも3年は問題なく使えると思います。

iPhoneは寿命のサインとは??

iPhoneの寿命はバッテリーの寿命です。

 バッテリーは消耗品なので必ず劣化していきます。

つまりどれだけ丁寧に使用していてもいつかは寿命がやってくるということです。

アプリの起動が遅くなったり、突如シャットダウンする場合はバッテリー劣化=電力不足の疑いがあります。

一般的な方は毎日一回就寝前に充電するのではないでしょうか?

仮に一日一回フル充電したとすると、一年で365回の充電です。

Appleは、500回の充電を繰り返すとバッテリー容量が80%になるといっています。

2年前後で容量が80%になってしまうということになります。

2年以上経過すると、100%の電池残量でも少しネットを見たりゲームをすると50%になってしまったりという症状が出ることがあります。

その場合、正確な電池残量が測れないぐらいバッテリーが劣化していると思った方がよいみたいです。

 

 

iPhoneの寿命はバッテリー交換で伸びる??

バッテリー交換すれば寿命は伸びます。

 Appleの保証期間内は無償で対応してもらえるので、まずは交換を検討してみることも重要です。

お店に持ち込みであればその場で交換してもらい早々に持ち帰れることが出来ます。

しかしながら、場合によっては7~10営業日かかってしまうこともあるので注意が必要です。

iphone自体高価なモノなので、保有しているモデルを気に入っている方はまずはバッテリー交換を検討しましょう。

 

 

iPhoneの寿命がバッテリー以外が原因の場合はある??

発売から4年程度するとiOSが非対応になるケースもあり、ある意味これがバッテリー以外の寿命といえるかもしれません。

 iPhone本体の消耗部分は少なく、落下や水没で壊れる以外は劣化しにくく何年も使う事が可能です。

しかしながら端末の動作自体は問題なくても出回っているアプリが旧端末に対応しないなどの問題はあるので、

実際に使えるのは発売から4年くらいが妥当かもしれません。

 

iPhoneの寿命を伸ばす方法とは??

ポイントは下記3点!
①100%までフル充電しないようにする
②20%を割る前に充電を開始する
③充電しながらアプリを使わない

①100%フル充電しないようにするとバッテリーの劣化が大幅に抑えることが出来ます。

リチウムイオン電池の性質として、80%〜100%の充電はバッテリーへの負担が少し高いです。

Appleは充電が80%以上になると、ゆっくり充電することで負担を軽減するようになっています。

こういった機能はついているものの80%になったら充電を止める方が好ましいです。

とはいえ多くの方は就寝前にiPhoneを充電します。

就寝中に充電器を取り外すことは出来ないので目覚めると充電が100%という毎日だと思います。

そういった時はiOS13で搭載された「最適化されたバッテリー充電」を活用すると良いです。

この機能を活用すると100%充電状態の時間を最小限にすることが出来、バッテリーの寿命を大きく伸ばせます。

iOS13にアップデートしたら自動的に有効になります。

②20%を割る前に充電を開始する

iPhoneに搭載されているリチウムイオン電池は電池切れギリギリまで使うと大ダメージを受けます。

そのため、リチウムイオン電池のダメージが出始める20%を割る前に充電を開始することが好ましいです。

①の条件も加味すると残量が20%〜80%付近でコントロールすることが電池に優しい使い方になります。

 

③充電しながらアプリを使わない

iPhoneを充電する時には、スリープ状態にすることがベストです。

アプリを起動させてゲームをしたり動画を見たりすると本体温度は急上昇してしまいます。

手で持っている時に熱いと思った場合はバッテリーが劣化する可能性があります。

iPhoneのバッテリー寿命を伸ばしたければ、少しの時間使用することを我慢しましょう。

 

iPhoneの寿命を確認する方法とは??

最大容量が何パーセントになっているかチェックする。

iOS 11.3以降のiPhoneであれば設定からバッテリーの状態が容易に確認できます。

iPhoneのバッテリー容量の確認手順は下記3点。

STEP.1
①設定を開き「バッテリー」をタップ
STEP.2
②「バッテリーの状態」をタップ
STEP.3
③「最大容量」が何%になっているかチェック

最大容量が80%以上の表示ならバッテリー劣化はあまり無いといえます。

最大容量が75%の場合、バッテリー劣化がかなり進行しているといえます。

バッテリー交換や本体買い替えを検討しましょう。