iPhoneXRは買う価値があるかを検証!価格面・性能面(スペック)・カメラ性能などを徹底比較。




iPhoneXS / XS Max

2018年は、3種類のiPhoneが発表されました。

iPhoneXR、iPhoneXs、iPhoneXsMaxの計3機種となっています。

iPhoneXRは、iPhoneXsの廉価版(低価格版)という位置づけで発売されていますが、実際どの程度違いがあるのでしょうか。

今回は、iPhoneXRの性能面や価格面、カメラ性能などを分析して、買う価値があるのかを検証してみたいと思います。




iPhoneXR・iPhoneXSと価格比較

廉価版と言われているiPhoneXRですが、実際どのくらい値段が違うのでしょうか。

Appleでの価格を見ていきたいと思います。

iPhoneXR 64GB:¥84,800 (税別)
iPhoneXs 64GB:¥112,800 (税別)


価格差は28,000円です。

iPhoneXSを購入予定の人は、iPhoneXRにしておいて浮いた予算をApple WatchやAir Podsに使うのも賢い方法かもしれません。

iPhoneXRの買いのポイント「画面が大きくて見やすい」

iPhoneXRも、オールスクリーン(全面ディスプレイ)となっています。

ホームボタンが廃止されて部分もディスプレイとなり、その広さはなんと6.1インチ。ピクセル数も1792×828ピクセルと画面の繊細さも申し分ありません。また、Appleが研究してきた下記の機能もすべて備わっています。

  • 6.1インチ Liquid Retina ディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ
  • TrueTone

シーンや場面に応じて適切に色調を調整してくれるこれまでで最高の液晶ディスプレイとなっています。

iPhoneXRの買いのポイント「FaceID搭載」

iPhoneXRには、顔認証(FaceID)という内側のカメラを見つめるだけで、即座に本人かの確認を行い、ロック解除してくれる方式が採用されています。

FaceIDの精度は抜群に高く、メイク(化粧)の有無、髪型の変化、眼鏡の有無、暗闇の中、特殊メイクなどあらゆる環境の中でも、しっかり認証してくれます。

ゾンビメイクでもOK!
海外メディアでゾンビメイクをしていても、FaceIDで本人認証が無事に成功できたという実験結果も出ています。海外の人も「なんでこれで私だってわかるの!?」と驚いていました。
【iPhone X】FaceIDでの顔認証はマスクやメガネでも対応できるのか?
iPhoneX(アイフォンテン)が発売された。 iPhoneXの...

6.1インチの大きな画面で操作が楽しめて、FaceIDという最先端のロック解除ができる高性能なスマートフォンということが理解できます。

iPhoneXRの買いのポイント「バッテリー持続時間」

iPhoneXR買いのポイント「バッテリー持続時間」

iPhoneXRは、2018年度に発売されたiPhoneの中で、最も「電池持ちが良い機種」です。

バッテリー性能が比較しやすいようにグラフを作成しましたので、参考にしてみてください。

iPhoneXRは、インターネットが最大15時間、通話は最大25時間可能となっています。この数値は歴代iPhoneの中でも、最も優れた数値となっています。

iPhone選びの最重要項目が「バッテリー持続時間」というユーザーにとっては、プラスの材料になりそうです。

とにかく電池持ちが最優先で選ぶなら、iPhoneXR一択です。

それでは、iPhoneXRの優れたバッテリー持続時間を実現したり、最先端のFaceIDを行う、頭脳部分(CPU)について検証していきます。