ノッチレス(切り欠け)がなくなった新型iPhone12の予想画像が公開される!

こんにちは、iPhoneジャーナリストの(@yutaka_hitose)です。

新型iPhoneでノッチレスになる可能性があるという情報がありましたので、詳しくまとめていきます。

ノッチがある理由とは

ノッチがある理由とは
引用:https://www.youtube.com/watch?v=ZUXwDpGylpw&feature=emb_title
iPhoneでノッチがある理由はシンプルで、内側のインカメラ(TrueDepthカメラ)を置くためです。

高度な処理機能であるFaceID(顔認証)が使えるのも、ノッチ部分にカメラを活用しています。

ちなみにTrueDepthカメラの画素数もiPhone11では1200万画素にまで進化しています。歴代のTrueDephtカメラの画素数は表をご覧ください。

ノッチがダサいというトレードオフ(代償)として、高画素数の内側のカメラを使えているという側面もあります。

機種TrueDepthカメラ
(前面カメラ)
iPhone 11 Pro Max1,200万画素
iPhone 11 Pro1,200万画素
iPhone 111,200万画素
iPhone SE(第2世代)700万画素
iPhone XS700万画素
iPhone XS Max700万画素
iPhone X700万画素
iPhone 8700万画素
iPhone 8 Plus700万画素
iPhone 7700万画素
iPhone 7 Plus700万画素
iPhone 6s500万画素
iPhone 6s Plus500万画素
iPhone SE120万画素
iPhone 6120万画素
iPhone 6 Plus120万画素
iPhone 5s120万画素
iPhone 5c120万画素
iPhone 5120万画素
iPhone 4s30万画素
iPhone 430万画素
iPhone 3GSなし
iPhone 3Gなし

 

ノッチレスのiPhone画像(予想)


引用:マックお宝鑑定団

こちらが、マックお宝鑑定団が入手したという、ノッチなしのiPhoneの画像です。

よく見ると、画面のディスプレイ部は切り貼りした工作のようになっています。

モックアップ自体の完成度は低そうですが、ノッチレスのイメージはしっかりつかむことが出来ます。」

上部にポチっと丸い穴

ノッチレスのiPhoneの写真をよく見ると、中央上部にポチっと丸い穴があることがわかります。内側のインカメラが超小型化に成功したら、実現しそうですね。

各リーク情報を総合すると将来的には、ノッチは廃止の方向へ向かっているのは間違いなさそうです。

ちなみに、写真のように超小型化して画面上部に埋め込む方式か、穴自体をなくして画面の下部に埋め込むという方法も検討されているようです。

2020年モデルはノッチレス?ノッチあり?

2020年モデルはノッチレス?ノッチあり?
引用:https://www.youtube.com/watch?v=ZUXwDpGylpw&feature=emb_title

2020年に発売されるiPhone12ではiPhone11と比較して、ノッチ部分が33%縮小されるという情報が有力です。

なぜ、有力かといえば、超正確なリーク情報を提供しているジョンブロッサー氏が33%縮小とツイートしていたからです。

ノッチレスはもうちょっと先になりそう

各種アプリなども、ノッチがあることを想定してプログラムを組んでいますので、ノッチがなくなる場合には何らかの告知がありそうです。

もし、今回の情報のようにノッチなしになれば、デザイン的にはかなり洗練されています。

上部のステータスバーの表示領域も、より多くの情報を表示できるようになりますので、機能面でのメリットも大きいと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA