【大型サイズ】iPhoneXs Maxに集まっている不満を分析!購入するべきかを判断。

【前提】iPhoneXs Maxを買ってからiPhoneXsに交換できません。

店頭に綺麗に飾られているiPhoneXs Maxを見て、気にいって購入したとしても、実際に生活の中で活用していくと思いがけないことに気づいたりします。

店頭の展示機は厳重な防犯コードで繋がれている場合が多く、購入前に、実際の使用感覚をつかむのは難しい状態になっています。

「片手で文字入力ができない」「ケースを付けたらポケットに入らなくなった」「やはり大きすぎて持て余してしまう」「手のサイズにあわなくてグリップできないので落としそうになる」など、実際に使ってみないと分からない点は多くあります。

日本には、困ったときには「大きいものを選べ」という格言で、「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、iPhoneに関しては当てはまらない気がします。

iPhoneXsMaxを買った後に、その重さと大きさに後悔したとしても、iPhoneXsにはできません。

想像力をフル活用して、本当にiPhoneXsMaxで本当にいいのか、あらゆる場面を想定して考えてみましょう。

iPhoneXs Maxはケースなどにリングをつけないと安定しない。

iPhoneXs Maxを購入したユーザーの感想で多いのが、「指に引っ掛けるリングがついたケースがおススメ」というものです。

指をひっかけて安定させることで安心して使う事ができるというものです。

しかし、裏を返せば、大きく重たいiPhoneXsMaxがリングなしでは、手の上で安定しないと感じているいう事の裏付けとも言えます。

長時間リングに指を通していると、指もつらくなってくるという意見も多くあがっており、実際、ディスプレイの大きさに比例して大きくなったボディサイズは、メリットだけでなないという事をしっかり覚えておく必要がありそうです。

iPhoneXs Maxは横画面表示(ランドスケープモード)に完全対応していない。

iPhoneXs Maxの致命的な弱点は、横向きのランドスケープモードに完全対応していない事でしょう。

大きい画面の魅力のひとつは、iPhoneを横向きにして操作をすることで、スマートフォンの枠を越えて、ミニパソコンの形で操作や活用ができることです。

しかし、iPhoneXsMaxについては、肝心のホーム画面が横向きに対応していないのです。また、App Storeなども横向き画面に対応していません。

一部アプリ、メモなどわずかに対応しているアプリはありますが、十分とは言えません。

最も多く目にするホーム画面が、ランドスケープモードに対応していないという事は、事実上、Appleが横向きへの対応が不完全であるということ認めている形となっています。

もともと、iPhone8 Plusですらランドスケープモードに対応しているのですが、なぜiPhone8 Plusよりも新しいはずのiPhoneXsMaxが、横向き画面に対応がサポートされてなない理由としては、Face IDへの適応があげられます。

今のところFaceIDは、縦画面専用での利用が想定された技術となっており、横画面や逆さ画面においては、ほぼ活用ができない技術となっています。

iPhoneXs Maxのサイズ感では片手操作は難しい。

例えば、現在のiPhone7ユーザーがiPhoneXsMaxを購入したとします。

すると、横幅が67.3mmから77.4mmとなり、10.1mmほど大きくなります。わずか1センチですが、日常手にするスマートフォンでは大きな違いと言えます。

また、重量に関しても148グラムから208グラムとなり、60グラムも重たくなります。

ケースをつけると、より大きく重たくなりますので、そのサイズ感を片手で使いこなすのは手、の大きい成人男性でも至難の業です。

ポケットからiPhoneを取り出して、片手でメールチェックしたり、簡単な操作を行うにはiPhoneXsMaxでは難しい作業となっていますので注意が必要です。

iPhoneXs Maxのコストパフォーマンス的にどうなのか。

AppleでiPhoneXsMaxを購入する場合は124,800(税別)~となっています。

Docomoやau、SOFTBANKなどのキャリア購入する場合は、少し割高になっており64GBは14万円台から、最も高価な512GBは18万円台と、20万円に迫る価格となっています。

かなり高価な価格設定と言わざるを得ません。

iPhoneSEの5万円台やiPhone8の8万円台が安いという錯覚を覚えるレベルです。

仮に、iPhoneXsMax64GBを14万円で購入するくらいであれば、iPadとiPhone8のセットのほうがコスパが良い気もしますし、そこまでインターネットを大画面で楽しみたいのならMacBookや自作PCなども普通に購入できる価格帯です。

iPhoneXsMaxを購入する場合に発生する14万円とした場合、その14万円を別のものに割り振った場合と、自分にとって快適な毎日になるか、十分検討が必要だと思います。

iPhoneXs Maxは、Apple pencilに対応していない。

iPhoneXs MaxはApple pencilに対応していません。

インチサイズが近く、よく比較対象にもされているGalaxy Noteでは、専用のpencilが本体に内蔵されており、大きな画面を活かした手書きメモなどもセールスポイントの一つとなっています。

iPhoneXs Maxでも、大きなディスプレイを活かしてApple pencilなどでメモができればいいという声が多くあがっています。

ただ、Apple Pencilは通常のボールペンよりも長く、折り畳みもできません。Appleペンシルをいつでも持ち歩くのは、紛失の危険などもありますので、Galaxy Noteのような、本体に内蔵するpencilが開発されるのが理想的です。

iPhoneXs Maxのステンレススチールに傷がつきやすい。

iPhoneXs Maxはサイドフレームに光沢のあるステンレススチールが使われています。

iPhoneXRのアルミニウムと比較すると高級感のある美しさが特徴で、上位機種ということを感じることができます。

しかし、輝く美しさの反面、傷がつきやすいという声が多く聞かれています。

これは、iPhoneXの時から継続している課題のひとつであり、傷をつけずに使いたいユーザーは購入後すぐにケースをつけて使う事が推奨されています。

まとめ

iPhoneXs Maxの大きさはまさに一長一短の諸刃の剣と言えるでしょう。

画面が大きく快適な閲覧体験をすることができますが、その利便性と引きかえに、「大きく重たく」なっています。
そして、価格面でもiPhone史上最高値を更新した機種となりました。

どうしてもiPhoneXsMaxが気に入った場合は購入するのがおススメですが、今回まとめたような実体験レビューがある事をしっかり認識したうえでの購入がおススメです。

iPhoneXs Maxにデメリットを上回るメリットを感じたなら即買いでも良さそうですが、少しでも疑問を感じた場合は、一旦冷静に立ち止まって考えてみる事をおすすめします。

iPhoneXs Maxのサイズは大きすぎ?価格も高すぎ? 性能をiPhoneXsと比較してみた。

iPhoneに10万円以上払うのは賢い選択なのか?【コスパ検討】

Img Source:Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です