最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

中田敦彦、近畿大学の講演の高校生のブログ発見!夢の叶え方が勉強になる。

ある日Youtubeを見ていると、おすすめ欄に“近畿大学の入学式”で講演をするオリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さんの講話が出てきました。

これまでにも近畿大学といえば、IPS細胞の山中伸弥教授、実業家の堀江貴文さん、ピースの又吉さん、キングコング西野さんなど、有名人が講演をすることで知られています。

私は、近畿大学の講演は素晴らしいものばかりで高評価ボタンを押しまくっていたので、中田さんの講演もおすすめで出してくれたのだと思います。

結論から言うと、今回の中田さんの講演も見てよかったです。特に、気になったのが講演の際に話題にあがったヒッチハイクの高校生の話です。
なぜ、高校生が話題になったのか含めて詳しくまとめていきます。

中田敦彦(あっちゃん)は近畿大学でどんな話をしたのか?

厳かなムードの中、中田さんはお笑い芸人の香りを漂わせたトーンで話をはじめました。

講演のテーマは「勇気がでる話」です。最初は場の雰囲気と話のトーンが一致せず、Youtube視聴者である私も「大丈夫かな」と思って見てしまいました。

その中で、話題は主に

・パーフェクトヒューマンの話
・ヒッチハイクの高校生の話

にまとめられます。

パーフェクトヒューマンができるまでの話

中田敦彦さんは、講演の前半はパーフェクトヒューマンが完成するまでの話を軸に進めていきます。

ただ、ここで重要なのはパーフェクトヒューマンがヒットしたという結果ではなく、どういった経緯・紆余曲折を経てパーフェクトヒューマンという作品が出来上がったのかという点にフォーカスしています。

中田さんは現状の自分のお笑いにマンネリされていると感じていたため、それを打破するために真剣に三代目JsoulBrothersになりたいと思ったんだそうです。

そこで、ダンサーの弟さんに優秀なダンサーを集めてもらって、自分が歌をセンターで歌うことで夢を実現させようと思ったのだそうです。

しかし、歌がうまくないということを自覚していた中田さんはこのままではダメだということで、声の編集や他人の声などで口パクをやろうとしたらしいのですが、結果、全て没だったそうです。

結局、歌の上手な相方の藤森さんにボーカルをお願いしてしまったのだそうです。ダンスは弟さんのグループ、歌は相方、結局自分の居場所がなくなってしまった中田さんですが「センターにいたい!」という願望は揺るぎなく、サビでセンターに出現するあのスタイルがうまれたのだそうです。

自分でセンターで三代目JsoulBrothersのようになりたいと思った事から始まった中田さんの計画は、様々なトライアンドエラーを繰り返して、最終的には周囲の力を借りて紅白にセンターで登場するというカタチで結実するのです。

つまり、最初から決まったカタチがあったわけではなく、最初は「三代目Jsoulbrothersになりたい!」という願望からスタートした漠然とした夢でしたが、結果的に多くの人を巻き込んで夢がかなってしまったのです。

ヒッチハイクの高校生の話

ヒッチハイクの高校生の話

パーフェクトヒューマンの話の次の主題はヒッチハイクの高校生のお話です。

とある場所で講演会をしていた中田さんは、最後の質疑応答タイムで一番最初にすっと手を挙げた学ランの高校生が印象に残っていたのだそうです。

公演後にtwitterでエゴサーチしていた結果、とある高校生のブログを発見した中田さんはブログにアクセス。

自分の講演内容などが綺麗にまとめられていたブログに感銘を受けた中田さんは、高校生が世界一周のヒッチハイクをしたいということをブログで知り、応援したい気持ちから即座にDMを送った結果、直接現金を渡すことになったのだそうです。

場所を聞かれた結果、高校生が住む場所まで渡しにいこうかと伝えたようですが、高校生は自分から「2日後に東京に行きます!」という返信があったのだそうです。

2日後に待ち合わせの場所で合流できた中田さんは高校生がヒッチハイクでやってきたということを知ります。

高校生はヒッチハイク攻略法などもしっかり計画しており、中田さんが講演後にエゴサーチすることも知った上でブログも書いていたのだとか。

そして、学ランにしたのも中田さんに印象づけるためだったのだそうです。つまり、中田さんは高校生は手のひらですべて想定どおりに行動してしまっていたということです。

ちなみに、東京にきたのはプレゼン大会のためで、プレゼン大会でも高校生は優勝し、現在は世界一周をしているようです

高校生のブログはこちら

読むとわかりますが、圧倒的に計画されています。

まとめ

今回の中田敦彦さんの近畿大学での講演により、日本でひとブームを巻き起こした”パーフェクトヒューマン”が完成し紅白でセンターを歌うまでになった過程、学ランの高校生がどうやって自分の目標を達成したかを実際に知ることができました。

成功者というと、あらかじめ完璧な計画のもとに万事順調に進めているいうイメージもありますが、実際は、中田敦彦さんのパーフェクトヒューマンのようにまずは願望を口にして、周囲を巻き込んでトライアンドエラーを繰り返しながら最終目標に近づいていくという方法もあるのだと思いました。

また、ヒッチハイクの世界一周の高校生のようにすべてが計画通りに進む圧倒的な計画力のもと、夢を実現していくという方法は中田さんのトライアンドエラーとは対照的な印象です。

どのような方法にしろ、共通しているのは必ず夢を叶えるんだという強烈な情熱が、その過程をあぶりだし、行動につながっていくのだと勉強することができました。

講演の記事全文はこちら(近畿大学公式ページ)

https://kindaipicks.com/article/001769