最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

iPhoneの文字入力を賢く効率化する方法【欲しい単語がすぐでてこないを解消】

iPhoneやiPadで、文字入力を効率化する方法をお伝えします!

iPhoneを使っていると、漢字変換や、予測変換が的外れで困った経験はありませんか。

正確に変換されないと、漢字を1つずつ変換したり、個別に一文字ずつ出力する事になってしまいます。

文字入力は、ラインやメールなどを作るときも、各種仕事の文章を作成する時にも必須となる、とても重要な機能です。変換の精度が良くないと、文章入力の効率は著しく低下してしまいます。

今回は、iPhoneやipadの予測変換の精度が悪くて困った時の対処方法について書いていきます。

毎回必ず使う単語はユーザー辞書に登録しておこう!

iPhoneやiPadの文字入力のコツは、よく使う単語を”ユーザー辞書”に登録しておくことです。

ユーザー辞書とは、”使いたい単語”を入力して登録しておくことで、スムーズに使いたい単語が変換候補に出現するシステムです。

例えば、「名前」という単語と「自分自身のフルネーム」を紐付けておくと、キーボードに「なまえ」と入力するだけで、自分のフルネームが変換候補に登場して選択できるようになります。

ユーザー辞書に登録しておくことで、入力したい言葉をすべて入力しなくても予測変換で優先的に表示されるようになります。

おすすめのユーザー辞書登録ワード

こん → こんにちは
いつ → いつもお世話になっております。
よろ → 宜しくお願い致します。
自分 → 自分のアドレス
住所 → 自分の住所(番地まででる)

仕事などでよく使う単語もユーザー辞書へ

a → 仕事のシステムID
b → 仕事の共通パスワード
c → 会社の電話番号

いつも決まって使用する定型句に関しては、ユーザー辞書に登録しておくことで大幅に入力効率をアップできます。

iPhoneの文字入力を賢く効率化する手順

まず、はじめにユーザ辞書の説明をすると、面倒だからやらないという方もいますが、ユーザー辞書に登録するのが時間コストは、絶対に回収できるという点です。前もって頻繁に使用する単語を、準備しておくことの効率の良さは何ものにも代えがたいものがあります。

それでは、早速5つのステップに分けて説明していきます。

STEP.1
設定
iPhoneのホーム画面にあるネジのマークのアイコン「設定」を押しましょう。
STEP.2
一般
設定メニューの中段くらいにある「一般」という行をタップします。
STEP.3
キーボード
キーボードメニューの上段にある”ユーザ辞書”という行をタップします。
STEP.4
ユーザ辞書
ユーザ辞書の右上の”+”ボタンをタップ。
STEP.5
登録
「単語」ところに”登録したい単語”、よみのところに変換前の文字を入力します。例えば、単語に「やまだたろうです」と入力して”よみ”に「や」を設定します。すると、キーボード上に「や」とだけ入力して変換をかけると「やまだたろうです」という文字が候補に出現するようになります。

ユーザー辞書登録は、慣れてくればほんの30秒あればできる作業です。

全く関係ない言葉同士を紐付けることもできます。

ユーザー辞書登録を使いこなすことで、仕事の効率は一気にアップします。

仕事の専門的な単語なども、入れておくと、毎回変換する手間がなくなりますので、快適に文字入力をおこなうことができます。

極端な例ですが、上司の名前が、日本に帰化した間井家留(マイケル)さんだった場合は、ユーザー辞書に

単語「間井家留」、読み「マイケル」

と登録しておくと、マイケルと入力して変換すると間井家留とでてくるようになります。

もし、勤め先の会社をフルネームで出したい場合は

単語「(務めている)株式会社」、読み「会社」

と、登録しておけば”会社”という単語を入力するだけで”勤め先の会社名”がフルで出力されます。

ちなみに、読みは必ずしも出したい単語のヨミガナでなくても大丈夫です。「ま」と「間井家留」を紐付けておけば、キーボードで「ま」と入力するだけで「間井家留」がでてくるようになりますし、「か」と「(務めている)株式会社」を紐付けておけば、平仮名で「か」と入力するだけで「(務めている)株式会社」が候補に出現するようになります。

どういうヨミガナで登録しておけば、最も入力効率がよくなるかを考えながら登録作業をしておきましょう。

ユーザ辞書の使用時の注意点

ユーザ辞書の注意点は、読みは3文字以上に設定したほうがいいという点です。

一時期、よく使う言葉をすべて「あ」と紐付けて利用していました。

キーボードに「あ」と入力するだけで、様々なよく利用する単語が一覧で表示される仕組みです。

最初は便利で重宝していたのですが、本当にシンプルに”あ”を使いたいときには、スクロールしないと”あ”がでなくなりました。また、あから始まる言葉を打つときは、候補欄から溢れ出す単語量でした。

つまり、日常的に使う単語は3文字以上に設定しておくことがおすすめです。

ひらがな一文字に単語を紐付けると、単純にその文字を使いたいときに困ります。

ユーザ辞書はデバイス間で共有できる

ユーザ辞書は、デバイス間での共有が可能となっています。

同じiCluoudIDでログインしているデバイス同士は、ユーザ辞書の登録・削除がリアルタイムで同期されます。

iPhoneで登録したユーザ辞書をiPadで使うこともできますし、iPadで登録したユーザ辞書はiPhoneでも利用が可能です。利用デバイスを跨いで、ユーザ辞書が活用できる点は大変便利です。

iPhoneで登録したユーザ辞書は、同じAppleIDでログインしているiPadでも繋がっています。

まとめ

iPhoneの文字変換「使えない」「出てこない」「頭悪い」と思っている方にはおすすめしたいのがユーザ辞書登録です!

ユーザ辞書登録を行うことで、自分の意図した通りの入力パフォーマンスを得ることができます。

特に、流行している言葉、単語などは、デフォルトの変換機能では出てこない場合が多いので、ユーザ辞書を活用することで、パッと思い通りの単語をすぐにだせるようになります。

是非、お試しください。私も、30単語くらいユーザ辞書に登録しています。