最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

iPhoneのSafariで“安全ではありません”の対処法

iPhoneのSafari使用中に「安全ではありません」という警告が表示された場合の正しい対処方法について書いていきます。

先に結論、Webサイト側に問題がある。

iPhoneのSafariで“安全ではありません”と表示された場合の正しい対処方法

iPhoneでSafariを使用したウェブサイト閲覧中のブラウザバーに“安全ではありません”という表示がされた場合、誰もが驚くと思いますが、慌てる必要は一切ありません。

これは、ウェブサイト側がセキュリティ対策をしていない場合に表示される警告ですので、iPhone側には何も問題がありません。

興味のあるコンテンツだった場合は見続けてもすぐには問題ありません、もし怪しそうなサイトだった場合はそっとブラウザを消して対応は完了です。

ただ、個人情報の入力フォームなどがある場合は絶対に入力しないようにしましょう。情報が暗号化されていないため、悪意を持った第三者がいた場合は送信情報を解読されてしまう恐れがあります。

いままでは”鍵マーク”の開閉でサイトの安全性を示していたが、iOS12.2から”安全ではありません”という文字表記へ。

これまでは“安全ではありません”という表記がされてきませんでしたが、iOSのバージョンが新しくなったことにより “安全ではありません”という表記がでるようになりました。

これまでも、セキュリティ対策していないサイトはたくさんありましたが、ブラウザバーにおいて、施錠された鍵マークがついているか、解錠された鍵マークだったかの差だったため、あまり注目はされてきませんでした。

しかし、iOSを更新した場合は “安全ではありません”という文言が表示されるようになりました。

”安全ではありません”のサイトに行くとiPhoneにウィルスが入ってしまう?

訪問するとiPhoneにウィルスが入ってしまう?

iPhoneのSafariにおいて“安全ではありません”というサイトに訪問してしまっても、すぐにウィルスが入ることはありません。

そして、文章なども普通どおりに閲覧しても問題はありません。

しかし、一点だけ注意が必要なのは“安全ではありません”と書かれたサイト内で個人情報を入力する場合です。

セキュリティ対策がされていない場合は、情報送信時に情報が暗号化されませんので、悪意をもった人物が簡単に情報を盗み見することができるようなっています。

“安全ではありません”というサイトで個人情報やクレジットカード情報を入力する行為は絶対にやめましょう。

iPhoneの“安全ではありません”を消す方法とは

Safariに表示された“安全ではありません”の文字を消す方法は、残念ながらありません。

なぜならば、iPhone側の問題ではなくサイト運営者側の問題だからです。

訪問者側は一切気にする必要はありませんが、投稿フォームなどがある場合はサイト運営者のかたに教えてあげてもいいかもしれません。

iPhoneにウィルスは存在しない?

これまで世界的に見てもiPhoneには、致命的な悪さをするウィルスは報告されていません。

iPhoneの場合は、何重にもセキュリティ対策が施されていますので、安心感に対する信頼も世界的な支持を集める要因のひとつです。

Androidのようにセキュリティソフトも不要ですし、初期状態のままでもウィルスに対しては抜群の強さを誇っています。

まとめ

安全ではありませんと表示されてもあまり気にしなくてもいいです。
iPhoneでサイト閲覧中に”安全ではありません”と、表示されてもあまり気にしなくてもいいです。

興味のあるコンテンツが書いてあるサイトの場合は、通常通り滞在して一通り内容を読んでしまってもまったく問題はありません。ただ、個人情報入力、クレジットカード情報などは決して送信しないように注意しましょう。