iPhoneSEの性能ってどれくらい凄いのか?




格安SIM




CPUはiPhoneSEとiPhone6sは同性能

iPhoneSEのSEってなんの略か調べてみた。

引用:LINEモバイル公式ホームページ

iPhoneSEに搭載されているのは64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ、組み込み型M9モーションコプロセッサです。

これは、iPhone6sとまったく同じCPUが搭載されていることになります。ちなみに、周波数は1.8GhzのデュアルコアCPUです。

LINEモバイルで選べるiPhoneSEは4色展開!
iPhoneSEのカラーラインアップ 引用:LINEモバイル公式...
iPhoneSEのSEってなんの略か調べてみた。
ヒマだったのでiPhoneSEの語源を調べてみました。 引用:L...

2015年から利用されているため、最新のチップと比較するとベンチマークスコアは劣る部分もありますが、まだまだ現役で活躍できるといっていいでしょう。

なお、補助プロセッサであるM9モーションコプロセッサが組み込まれている事で、省電力も実現しています。

通常は、メインチップであるA9チップが主となって動きますが、バックグラウンドで稼働するセンサー類の動作をM9コプロセッサが受け持つことにより、本体の省電力化を実現しています。

おもに、M9コプロセッサは方位を示すコンパス、加速度センサー、ジャイロスコープ、気圧計などとも連携しています。

補助プロセッサがなければ、すべてをa9チップが受けもたなくてはいけませんが、補助チップがあるおかげで、A9チップが休むことができる為、省電力での本体稼働ができるようになりました。

いわば、優秀な秘書のようなチップがついているという事です。

メインカメラの画素数もiPhoneSEとiPhone6sは同じ/サブカメラは6sのほうが上

iPhoneSEとiPhone6sは、脳みそにあたるCPUだけでなく、メインカメラの画素数も同じです。

いずれも1200万画素での写真撮影と4Kビデオ撮影、そしてLivePhotosも使用できます。

しかし、4Kビデオ撮影は本体容量を大きく消費するため、もし4Kビデオ撮影をiPhoneSEで検討している場合は、32GBモデルではなく、128GBモデルにしておく必要があります。

また、本体の内側のインカメラ(Facetime HDカメラ)に関しては、iPhone6sが500万画素なのに対して、iPhoneSEは120万画素しかありません。

インカメラで写真を撮ったりする機会が多い人は、画質が粗くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

iOS12で高速化の恩恵があるとされているiPhoneSE

2018年WWDCにおいて、iOS12の概要が発表されました。

その中で、iOS12にアップデートすると「起動が最大40%高速化」「キーボード表示は最大50%、カメラ起動は最大70%高速に」との発表がされました。

特に、発表会で速度アップが強調されていたのはiPhone6sでした。つまり、iPhone6sと同じA9チップを搭載しているiPhoneSEについても、速度がアップするということを示しています。

2018年中には、iOS12がリリースされると言われているため、iPhone6sユーザーだけでなく、iPhoneSEユーザーに対する恩恵も大きなものになりそうです。
なお、開発者用のiOS12のベータ版は既にリリースされており、実際にベータ版を使用したユーザーからは「高速化された!」という声も多くあがっているため、発表会の宣伝通り期待してもよさそうです。

iPhoneSEがまだまだ現役で活躍できそうです。

ラインモバイルでソフトバンク回線が利用できるになった最大のメリットとは。
2018年7月2日より格安SIMメーカー「LINEモバイル」に...