最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【デマか真実か!】iPhoneSE2は2019年春発売で4色展開?新画像が公開されたので解説します。

結局、デマな場合もあるので書くかどうか迷った今回のiPhoneSE2の記事ですが、真実の可能性もゼロではないので一応書いていきたいと思います。

手になじむコンパクトなボディを最大の魅力として、熱狂的な信者がいることで知られているiPhoneSE。その、後継機にあたるiPhoneSE2の発売は「もはや待ちくたびれた」「本当に発売されるの?」という意見が大半を占めています。

熱狂的なiPhoneSEユーザーがなぜ後継機を待っているのかの理由は簡単です。それは、iPhoneSEをどんなに気に入っていたとしても”永久に使い続けることは不可能”だからです。

スマートフォンの電池は消耗品であり、CPUに求められる性能は年々向上しているため、どうしても陳腐化してしまう事は避けらません。更に付け加えるとAPPLEのアップデート対象から外れるとセキュリティリスクも伴うようになってしまいます。

2019年度の秋ごろに予定されているiOS13では、iPhoneSEやiPhone6sがアップデート対象から外れる可能性もあるので、いよいよ崖っぷちかという意見もささやかれているのが現状です。

2018年には、発売直前とまで言われていたiPhoenSE2

ここ最近は、発売されますという情報だけが先行していましたが、結局コンパクトなiPhoneSEの後継機は発売には至っていません。

そのため、仕方なく大型のiPhone8、iPhoneXRやiPhoneXSに変えてしまった人も多いのではないでしょうか。

実は、2018年モデルの3機種が発売する直前までは、iPhoneSE2が出ると言われていましたが、最終的には5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデルが発売されました。

今回は、Youtubeのチャンネル登録数23万人を誇るConceptsiPhoneというユーザーが、iPhoneSE2のコンセプト動画を公開しました。

iPhoenSE2のブラック

iPhoenSE2のブラック

iPhoneSE2のブラックは、iPhone4sの時の側面に近いイメージです。また、非接触充電(ワイヤレス充電)は搭載されると思いますので、背面はiPhone8のようなガラスボディになりそうです。

ボディの厚みから逆算すると、ディスプレイは有機ELパネルではなく、LCD液晶になりそうです。iPhoneSE2を求めるユーザーにとっては、性能ではなくボディサイズ優先の人が多いと思いますので、特に液晶の性能は重要な点にはならないでしょう。

もし仮に、有機ELパネルを搭載すると販売価格も跳ね上がってしまいますので、コスト面から考えてもLCD液晶の搭載が有力だと思います。低価格もiPhoneSEシリーズの魅力のひとつなのは間違いない事実です。

また、CPUはiPhone8に搭載されていたA11Bionicチップあたりが有力だと思います。iPhoneSEはA9チップが搭載されていますが、その発売時には、iPhone7に搭載されていたA10チップも開発中だったため、新しいCPUを積むという意見もありましたが、あえて一世代前のCPUが積まれていました。

ボディサイズとともに、コスト面を抑えるという事もiPhoneSEシリーズの大きなテーマなので、ディスプレイ性能とCPUの性能は最先端のものは搭載されない可能性が高いです。

iPhoenSE2のゴールド

iPhoenSE2のゴールド

iPhoneSE2のゴールドは、2018年に発売されたiPhoneXSやXSMAXシリーズのゴールドと同じカラーとなっています。

ただ、この配色については若干疑わしいなと感じています。

なぜならば、2018年モデルにおいては廉価版と言われているiPhoneXRの6色とは、あえて別の色を使ってiPhoneXSやXsMAXの高級感を演出しています。つまり、低価格ラインアップに属するiPhoneSE2に最上位のラインアップであるiPhoneXSと同じ色を使うとは思えないのです。

発売されていないので、答え合わせはできませんが、色にこだわるAPPLEにとっては、同じ色は使わないと想定しています。

iPhoenSE2のホワイト

iPhoenSE2のホワイト

iPhoneSE2のホワイトに関しては、現実的な色だと思います。

おそらく、APPLEとしてはボディの部分や素材に応じて、シルバーとホワイトを混ぜたような感じになるのではないでしょうか。iPhoneXRのホワイトに近いイメージです。

ゴールドよりはずっと現実的な色合いです。

iPhoenSE2のレッド

iPhoenSE2のレッド

iPhoneSE2のレッドに関しては、本体の素材に対して赤を綺麗に着色できるのかという疑問があります。

iPhoneXRの側面のアルミニウムにも着色の歩留まりが悪く、発売が延期になりそうという情報もありましたが、iPhoneSE2に関しては大丈夫なのでしょうか。

まとめ

iPhoneSE2のコンセプト動画はこの言葉で締めくくられています「Coming Spring.」

カッコよく締まっているけど、本当に発売されるかは不明です。なぜならば、発信元がAppleではないからです。

★追記

2019年4月30日現在でも、iPhoneSE2の発売情報はでていません。春はもう少し続きますが、情報がここまででてこないと近い内には発売されない公算が大きいです。

なお、分析に使わせてもらったソースはこちらのYoutube動画です。興味のある方はご覧ください。30秒くらいですぐ終わります。

Source:Sorce:https://www.youtube.com/watch?time_continue=37&v=M_i524zpCQs

【購入レビュー】iPhoneXsのサイズは大きすぎ、iPhoneSE2の待望論が巻き起こる

数ヶ月前、iPhoneSE2発売熱が最高潮に盛り上がっていた時の情報はこちら↓

【時は来た!】iPhoneSE2が近々発売される4つの証拠

【ここに期待!】iPhoneXE、iPhone SE2で楽しみにしていること。

【ここに期待!】iPhoneXE、iPhone SE2が発売したら楽しみにしている機能・スペック。