【遂に来た!】2020年版の新型iPhoneSEの発売日迫る!!スペック・容量・価格・色など

新型のiPhoneSEですが、いよいよ発表・発売が間近に迫ってきました。

これまで、発売確実と言われながら、結局発売されなかったという肩透かしが長いこと続いていた話題の機種の発売がいよいよ現実になりそうです。

日経新聞も昨年度に2020年春ごろ新機種発売を報じていました。また、正確性の高い情報で知られるジャーナリストのジョン・プロッサー氏も今月発売と断言しています。

2020年版の新型iPhoneSEとは

2020年版の新型iPhoneSEとは

今月発表されることが確実視されている新型iPhoneSEは、2016年度に発売された旧型iPhoneSEの後継機です。

高価格・高性能というフラッグシップ機ではなく、コンパクト・低価格ラインのiPhoneです。

iPhoneSEというと、コンパクトなボディに注目が集まりますが、新型iPhoneSEはiPhone8のボディをまるごと転用して4.7インチに仕上がっています。

気になるのが、Appleはなぜ旧型の4インチのiPhoneSEのボディではなく、4.7インチのiPhone8のボディを採用したのかという点です。

謎を突き詰めた結果、

Appleは、新型のiPhoneSEをコンパクトさをコンセプトにはしておらず、「低価格版のiPhone」という事でとらえている事がわかりました。

iPhone8のボディがそのままなので、ボディ寸法(高さ・幅・厚み)、ディスプレイ性能などはすべて同じです。

ボディ寸法が似すぎている(というか全く同じ)なので、新型のiPhoneSEとiPhone8を見分けるのは難しいかもしれません。

新型iPhoneSE vs 旧型iPhone スペック比較

新型のiPhoneSEは、iPhone11と同じA13Bionicチップが搭載されます。

A9チップの生産は2015年、A13Bionicチップは2019年なので、約4年分のiPhoneの技術の進化が詰まっています。

処理速度を示すベンチマークは、おおよそ4倍と飛躍的に向上しています。

また、処理メモリも2GBから3GBにアップしていますので、CPU・メモリともに性能が向上しています。

ちなみに、iPhone11に搭載されていたFaceIDなどをつかさどるニューラルエンジンは新型のiPhoneSEには搭載されません。

その理由としては下記のとおりTouchIDが採用されるためです。

ロック解除はTouchID 採用

新型のiPhoneSEには、TouchID(指紋認証)が搭載されます。

現在の主流はFaceID(顔認証)ですが、新型のiPhoneSEでは改めて指紋認証に回帰しそうです。(と、いうよりiPhone8のボディを使うので必然的にそうなるかと)

現在は、マスクなしでは出歩けない状態なので、顔認証するたびにマスクを取らなければいけないのでFaceIDの弱点が露呈しています。

昨今のマスク必須の社会情勢においては、TouchID(指紋認証)のほうが実用的で歓迎されるかもしれません。

ストレージは64GB/128GBか

新型のiPhoneSEのストレージは、64GB:128GBの二択が有力視されています。

その理由としては、iPhone11でも同様のストレージ領域が使用されているためです。

今回のiPhoneは様々な既成部品を組み合わせて制作されているので、新しいストレージ領域を用意する可能性は低そうです。

また、旧型のiPhoneSEで用意されていた32GBは、昨今の様々なデータの大容量化により快適な使用が難しい容量となっているので、廃止となる可能性が高そうです。

2020年版の新型iPhoneSEの色・カラーラインアップ

iPhoneSEの色・カラー展開ですが、最も有力だと思われる予想はシルバー・ブラック・レッドという3色です。

豊富なカラーラインアップが取り揃えらえられるという情報もありますが、それはないと感じています。

その理由としては、コストカット。

iPhone8のボディを流用して発売する以上は、これまで発売されたボディカラーを転用するのが一番のコストカットになります。

合理的な経営をしているAppleが、採算のあいづらい機種に、バラエティに富んだ新色を用意するほどのリソースは割かないと考えるからです。

2020年版の新型iPhoneSEの価格予想は 52,800円

気になる、新型iPhoneSEの販売価格予想ですが5万円前後になることが確実です。さらに、厳密にいうと52,800円になると予想します。

その根拠として、前回のiPhoneSEが52,800円だったこと、さらにAppleの公式ページで現在(記事執筆時点)でも販売が続くiPhone8も52,800円です。

公式ラインアップでは新型iPhoneSEとiPhone8が入れ替わりか

新型のiPhoneSEは、iPhone8のボディをそのまま採用しています。

ユーザーの混乱を招きますし、ターゲット層がタブってしまいますので、ラインアップ上に同じ見た目・同じ価格帯の機種が共存することはなさそうです。

従って、2020年版の新型iPhoneSEが発売された時点で、iPhone8と入れ替わりになる可能性が高いと言えます。

直近の事例としても、先月にiPad Pro第4世代が発売された際も、発売と同時にiPadPro第3世代がラインアップから姿を消しました。

発売と同時に入れ替わりというのは、Appleはよく採用していますので、公式ショップでiPhone8が欲しい場合には、新型のiPhoneSEの発売前がラストチャンスです。

新型iPhoneSEのケースについて

新型iPhoneSEを買ったら一緒に揃えたいのがケースです。

行動力のある人の中には、先ほどのiPhone8とボディ寸法が同じという情報をもとに、すでに探し始めている人もいるかもしれません。

しかし、フライングゲットには要注意です。

ボディ寸法が全く同じでも、カメラホールの位置や大きさが違う可能性が高いからです。

過去にも同様の事例があり、iPhone7とiPhone8の時もボディサイズはほぼ同じでしたが、カメラホールが違うことによって、同じケースを使えないという事例がありました。

iPhone6とiPhone6sの時も同様です。

今回の新型iPhoneSEに関しても、カメラの画素数がアップ、明るさ(F値)などが向上するという事なので、カメラ周りの部品は確実に刷新されています。

新型iPhoneSEのケースを選ぶ際は、iPhone8のケースではなく、2020年版の新型iPhoneSEのケースを選択するようにしましょう。

旧型iPhoneSEから乗り換えるべき?サポート状況とは!

注目されているのが、旧型iPhoneSEを使ってきたユーザーの動向です。

「4インチ以外認めない」
「小ささは正義!」
「コンパクトじゃないと支障が出る!」

といった熱狂的なユーザーが多いのが旧型iPhoneSEユーザーの特徴でした。

今回は0.7インチほどサイズがアップしていますので、その時点で「大型化したら話にならん!」と失望の声もあがっていました。

ただし、今後Appleが4インチのiPhoneをだす可能性は限りなく低いと言えますので、サイズにこだわる限りは新しいiPhoneは購入できなくなってしまいます。

従って、旧型のiPhoneSEを下取りにだして、新型のiPhoneSEにするのも有効かもしれません。

なお、現在の旧型iPhoneSEの下取り価格はドコモ4000円~、au3000ポイント~、softbank3600円相当~となっています。

旧型iPhoneSEのアップデート対象外問題

4インチのiPhoneSEもいつまでも使い続けることはできません。

今のところ、iPhoneSEはiOS13の対応機種になっています。しかし、一年に一度ずつリリースされるiOSの大型アップデートでは古い機種から順に足切りがおこなわれています。

すでにA8チップまでは足切りされており、A9チップを搭載しているiPhoneSEは、次にアップデートがリリースされた場合は、サポート対象外になってしまう可能性が高いといえます。

旧型iPhoneSEのサポートはあと3年は大丈夫

Appleでは、発売終了後でも5年間は修理サポートを受け付けると公表しています。

旧型iPhoneSEは2018年に発売を終了していますので、修理サービスなどは5年間はうけることができます。

2020年・新型iPhoneSEまとめ

・見た目はiPhone8そっくりなのでインパクト薄め

・5万前後の価格でiPhone11と同じチップが使えるのは魅力。

新型iPhoneSEの評価
性能
(4.0)
価格
(5.0)
デザイン
(3.0)
お勧め度
(4.0)
インパクト
(1.5)
総合評価
(4.5)

性能評価はFaceIDが使えないだけなので4点です。

価格は、5万前後なのでコスパは満点!

デザインは、普通のiPhone8なので可も不可もないので3点、なおちょっとAppleマークをずらしたりするという報道もありましたが、ケースをすればわかりません。

おすすめ度も高めの4点です。

新規で購入してもiPhone8買ったの?と言われそうなので、インパクト1.5点です。

コンパクトだけど実力派本物といったところでしょうか。

【余談】

今回のiPhoneSE発売まで、発売確定→中止、発売確定→中止、というなんども紆余曲折がありました。

すべての過程を下記の関連記事へいれました。

iPhone SE関連記事