最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

2020年3月、iPhone8の新しい版を発売か。新商品アイデアのネタ切れ模様?

2020年3月にiPhone8の外観をそのままに、中のチップセットだけを新しくして再発売されるという情報が流れています。

情報元は台湾メディア「DIGITIMES」で、2020年3月頃の発売を検討しているようです。過去に発売された古い機種のCPUだけを取り替えて、再発売するというのはAppleのトレンドになりつつあります。

新iPhone8は、かなり具体的な数値も。

iPhone8の外観をそのままに、中のチップセットだけを新しくした新機種は、価格は649ドル、生産台数は2000万台、組み立てはPegatronが担当するなど、かなり具体的な情報が掲載されています。Appleでは、販売不振ということで世界的に報道されており、会社の業績をアップさせるために、あらゆる手を打ってきています。

最近では、iPadmini4の中身だけを変えたiPadmini5を投入。iPadPro10.5インチの中身を変えた新型のiPadAirを発売するなど、中身のチップセットだけを変えて再発売するという販売方針を多く採用しており、今回のiPhone8のチップセットだけを変えて再販売するという情報もまるっきりデマとも言い切れません。

ベースとなるiPhone8の魅力とは

iPhone8といえば、初めてワイヤレス充電が搭載されたガラスボディのiPhoneでした。

基本性能も高く、防水も搭載されています。また、ホームボタンを有する最後のiPhoneでもあり、指紋認証が使える中では最新の機種です。

当然、FaceIDなどは搭載されていませんので、iPhoneXなどに慣れたユーザーが購入する場合は注意が必要です。

管理人の感想

最近のiPhoneは10万超えが当たり前になっているため、5~6万前後で使える最新チップの機種ということであれば一定の需要はあるのではないでしょうか。

主に、中国などの低所得層~中所得層などの最新iPhoneには手が出ない層がターゲットのようです。

ただ、見た目や生体認証などの機能面がiPhone8のままであれば、おそらく新モデル発売時にはもっともっと安くなっているiPhone8でもいいのではないかという気もします。

個人的には、あまり魅力は感じませんTT。